外国為替証拠金取引の仕込み

外国為替証拠金取引とは、円を売って米ドルやユーロを買うなど外国通貨を売買する取引のことです。
外貨預金感覚で身近な通貨から取引可能なので最近は個人投資家の人気を集めています。

「新聞・雑誌などで脱税の話題を見かけるけれど、FXって悪いことなの?
  ひょっとしてギャンブル?」

FXは金融商品のひとつです。ルールに基づいてしっかりと取引を行う必要があります。
ルールを理解せずに取引することは思わぬ損失を受ける危険が高くなります。
しっかりと知っておきましょう。

証拠金とレバレッジ

FX、外国為替証拠金取引は、取引業者に預託した証拠金とレバレッジ(英語の「てこ」という意味です)によって、取引できる額が決まります。

  証拠金 レバレッジ 投資金額 1ドル=100円換算
1) 50万円 10倍 50万円× 10倍= 500万円 50,000ドル
2) 50万円 20倍 50万円× 20倍= 1,000万円 100,000ドル
3) 50万円 25倍 50万円× 25倍= 1,250万円 125,000ドル

おぉ!レバレッジが大きいほうがたくさん取引できるじゃない!とも見えますが、それだけリスクも大きくなります。
必ず、利益・損失の計算方法とセットで必ず考えましょう。

1ドル100円の時に5万ドル購入しレバレッジ25倍をかけた場合

簡単な例で考えてみましょう。証拠金を20万円用意して、レバレッジ25倍のFX会社で取引を始めたとしましょう。
1ドルが100円のときに5万ドル買いました。5万ドル買うために必要なお金は5万ドル×100円で500万円となります。ちょうど20万円の証拠金を25倍のレバレッジを活かして取引できる最高額ですね。さて、しばらくすると1ドルが105円になりました。そのときに先ほどの5万ドルを売ると5万ドル×105円で525万円になりました。その差額は25万円!「やった!25万円も儲かった!」という結果になります。

次に、同じく1ドルが100円のときに証拠金20万円を用意して5万ドル買ったとします。もし1ドルが95円になってしまい、その5万ドルを売ったとしますと、5万ドル×95円で475万円。今度は25万円の損となってしまいました。証拠金の20万円どころかさらに5万円を支払わなければなりません。

しかし一般的には、いきなりゼロ円!(もしくはマイナス)とならないように、多くのFX取引業者で「ロスカットルール」というものを定めています。証拠金が一定の比率を下回ったときに、取引を自動的に終了します。この基準はFX取引業者それぞれで異なりますので、サービスの説明や約款で必ず確認しましょう。

高いレバレッジは危険なの?

用意する証拠金20万円は同じ条件で、次のようなケースの場合を考えてみましょう。

  取引したい金額 レバレッジ 証拠金
ケース 1 1万ドル 10倍 20万円
ケース 2 5万ドル 25倍 20万円

先ほどと同じように1ドル100円で買い、1ドル95円で売るとしたら、それぞれ次のようになります。

  買い金額 売り金額 発生する損失 ロスカット
ケース 1 100万円 95万円 5万円 発生しない!
ケース 2 500万円 475万円 25万円 発生する!

ケース2では、なんと損失が25万円となってしまいました。
証拠金が20万円しかないのに25万円の損失。さらに5万円を支払わなければならないことになってしまいます。
でも、実際にはこうならないように「ロスカットルール」が適用されて、用意している証拠金の50%、損失が10万円となるところで取引を自動的に終了します。証拠金を超えてのマイナスが発生しないように配慮されていますが、あくまで売買です。売買が成立しなかった場合のリスクは25万円の損失です。

  • まとめ
  • レバレッジの大きさに応じて、より多くの金額を取引することができる
  • 利益・損失はレバレッジに関わらず、取引量に応じて決まる
  • ロスカットルールは損失を最小限にとどめるためにある

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する