FXで失敗しないために

2011/8/12

もしFXで利益をなかなかあげられないとしたら、そこにはどんな失敗があったのでしょう。まさによくあるそんな失敗を元に、FXで安定して利益をあげていく方法を模索していきましょう。

損失を最小限にするためにつけるストップロス(損切り注文)

新規の注文を出すとき、ほぼセットで出すのがストップロス。エントリーした値から「これくらい」という利益の目標を立てると同時に、「これくらいなら我慢する」という損失のラインもあるはずです。急激な値動きに対応するためにも、このストップロスを実行している方は多いことでしょう。

しかし、このあらかじめ定めていたストップロスよりも多くの損失が出てしまうということがあります。え?FX会社の約定が滑った?いえいえ、そのようなことはそうそうあるものではありません。実は自分でストップロスを変えてしまったのです。

相場はまさに生き物のよう。思い通りに動いてくれるとは限りません。もしあなたが出しているストップロスの注文がまさに約定しようとするとき、あなたは冷静に受け止めることができるでしょうか?あと10銭だけ粘れたら、反転するのではないか。そんな声があなたの心にささやきかけてきます。

よし、ここはいったんストップロスを外してやりすごそう。あと10銭、いや30銭ストップロスに余裕をもたせよう。大丈夫さ。。。あなたは執行中の注文を取り消し、新たな値での注文を出します。しかし、結果は望んだように進むことはありませんでした。そう、いたずらに損失を広げることになってしまったのです。

ストップロスを動かした場合、多くの人は損失を広げてしまうでしょう。本来は損失を最小限にするためにつけたはずのストップロス。失敗の原因は自分自身の投資スタイルを曲げてしまったことなのです。

>> 少額取引ができるFX会社はココ!

エントリーするルールは簡単に変えない

FXをしていると、「ポジポジ病」という病気にかかることがあります。忙しかった1日の仕事を終え、食事も済ませた就寝前のひと時。あなたの前にはチカチカとまたたく為替レートとティッカーが表示されています。上に、下に、また上に。ジグザグな線を描く為替レートが出口を求めて、ほんの小さな動きをみせます。

これはクルぞ!今こそポジションを持つ絶好のチャンスと注文を出してしまうあなた。しかし、一瞬脳裏によぎった未来のチャートは決して目の前に姿を現すことはなく、まったく違った姿を見せていきます。そして、決済のタイミングが見つからない注文が手元に残った。このままじゃ駄目だ。あなたは決断します。ポジションを解消して、よりチャンスが見出せているほかの通貨にエントリー。今度こそ失敗はしない。大きな利益を手に入れるぞ。。。

そして、夜更けを迎えたあなたの手元には、まるで見当違いな通貨ペアのポジションと、マイナスとなってしまった今日の取引残高が残ってしまったのでした。

FXにおけるエントリーはインスピレーションだけでは駄目でしょう。預け入れている証拠金から適切な取引枚数を考えた「基準となるルール」がなければ、より良い取引はできません。どのくらいで利益を確定するのか、どのくらいまでの損失が発生したら損切りをするのか、このルールを無視して目の前の値動きだけでポジションを取ってしまうことは、とても危険です。

忙しかった1日を終えて、楽しみにしていたFXの時間。早くポジションをもって、早く利益をあげたい!そんなはやる気持ちを冷静にコントロールしてこそ、利益は生まれるものなのです。

>> 手数料無料!何回取引しても安心のFX会社はココ!

テクニカルにファンダメンタル、市場をよく観察する

はじめは何をあらわすのか釈然としなかったチャートもひとつひとつ学んでいけば、市場の動きを知るためのすばらしい道しるべであることが分かってきます。上昇トレンドが見えてきた。この通貨は買われすぎじゃないか。テクニカルと呼ばれる分析手法から、自分が成功する姿を思い浮かべることができます。

よし、いまが絶好のタイミング。あなたは渾身の思いを込めてポジションをとりました。しかし「市場を支配する何か」が、相場の流れをまるで違う方向へと変えてしまいます。この期待を裏切るチャートの動きは、ファンダメンタルが原因だったのでした。

ファンダメンタルとは、各国の要人による発言や中央銀行の政策、経済指標など世界の経済要因からくる変化といってよいでしょう。これらの発表のタイミングは、大きく為替レートが動く要因になることがほとんどです。こうしたファンダメンタルな要素を無視したFX取引は失敗の元といっても良いかもしれません。

テクニカルとファンダメンタル、為替市場を見極めていくために、二つの手がかりはどちらも大切な要素なのです。より確実な利益を生み出すためにバランスよく使いこなしたいですね。

FXで利益をあげたい!その気持ちが裏目に出てしまった失敗。損失が少なかったなら「ちょっとした授業料」と割り切ることもできますが、大やけどしたら大変です。

注文の前には、ぜひ深呼吸をしてリラックス!

>> みんなが満足、人気のFX会社はココ!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ