FXの「おいしい時間」っていつなの?

2011/9/30

FXの大きなメリットとして「24時間取引ができること」が挙げられます。土日を除いて毎日24時間取引できるので、私たち個人投資家でも好きな時間に取引ができます。それがFX人気をここまで定着させた要因のひとつです。

外国為替市場が24時間眠らないというのは、世界各国、どこかの市場が必ず開いているからです。となると、取引に参加している各国それぞれの取引量の多寡によって、24時間の取引量にいくつもの凸凹がでてくるわけですね。それがそのまま為替市場の活気に反映します。つまり、時間帯によって相場の活気というものは全然違うんですよね。

例えば相場にほとんど動きのない時間帯にチャートを眺めていても眠くなるだけ。そんな時はどうすれば良いでしょうか。はい、寝てしまいましょう(笑)。その分、相場が活発な時間帯に「冴えた判断」ができればいいのです。それでは、時間帯別の違いを時計を見ながら簡単に追っていきましょう。

東京 6:00(ウェリントン 9:00)

おはようございます!朝日を浴びて目を覚ましましょう!

朝早いですが、ニュージーランド(NZ)で毎月発表される政策金利はこの時間。日付変更線に近いNZですから、他の経済指標発表も東京からすれば朝早いです。
そして、スワップポイントが発生するのがほぼこの時刻です。スワップポイント狙いの方には、朝から山場がやってきますね。

東京 8:30

この時間の主役は日本。日本の重要指標が発表される時間です。発表がこの時間なのは、午前9時の株式市場開場に合わせて取引を活発化させるためと言われています。

東京 9:55

日本の銀行の「仲値」が発表されます。仲値というのは銀行の窓口などで両替をする際の基準レート。企業の決済日になる5、10がつく日は、大量のドル買い注文が出ることもあるので要注意ですね。

東京 10:30(シドニー 11:30)

高金利国として目が離せないオーストラリアの経済指標が発表される時間帯です。せっかく貯めたスワップポイントが為替差損で水の泡、では困ります。豪ドルファンは要チェック。主婦トレーダーの方も家事が一段落したなら、相場の動きに注目する価値ありですね。

東京 12:00

ランチタイム。相場も非常にまったり、ハッキリ言って眠くなりますが、お仕事の方はお昼休みのここを利用して、主婦の方はお買い物に出かけるまでのひと時で、相場の振り返りと今後の分析、取引プランのチェックをしておくことができますね。

東京 15:00(ロンドン 7:00)

そろそろヨーロッパ勢があくびをしながら取引に参加し始める頃です。このあたりから相場も次第に活性化。次第に「雰囲気」が出てきますよ。

東京 17:30(ロンドン 9:30)

さあ、盛り上がってくる時間です。お仕事を終えた方はいよいよ参戦ですね!
17:30にはイギリスの重要な経済指標が発表されることが多く、サプライズがあれば当然相場は大きく動きます。
さらに18:00には、ユーロ圏の経済指標の発表です。17:30からのこの時間帯がその後の流れを決めることもあります。

東京 21:30(ニューヨーク 8:30)

さあ、自宅でひと息ついたこの頃からがちょうど為替相場の一番アツい時間。本格参戦ですよ!テクニカル重視の方もここは無視できないところ。「FXのゴールデンタイム」とも言われる時間帯です。

アメリカの重要経済指標が目白押しで、特に注目度の高い雇用統計や貿易収支はそれまでの流れを一気に変えてしまうこともあります。極めて重要な時間帯で、発表1時間ぐらい前からレートが激しく動き始めます。「相場って生きものだなあ」と目に見えてわかる時間帯ですね。

ここで「腕が鳴るぜ」と思う方、米ドル/円で短期トレードをしてみたい!という方は絶対外せない時間帯です。でも「ハラハラしちゃう」と思う方は無理する必要はありません。アメリカの雇用統計発表は日本時間では週末の夜。相場の雰囲気をつまみに晩酌でも楽しんでしまいましょう。

東京 23:00(ニューヨーク 10:00)

実はこの時間帯も、中古住宅販売成約、消費者信頼感指数、景況指数など注目度の高いアメリカの指標発表があります。まだまだアツい時間ですね。

東京 25:00(ニューヨーク 12:00)

ちょっと夜更かしできる日は、ニューヨークが午前の取引を終えるこの時間帯の相場に注目してみるのもよいかもしれません。市場の動きを見極められたら明日の幸運を願っておやすみなさい!zzzz

東京 6:00(ニューヨーク 17:00)

朝です。おはようございます!再びやってきたこの時間は「ニューヨーククローズ」の時間帯でもあります。特に週末のニューヨーククローズは「手仕舞い」する投資家が多いため相場が活発に動きます。週末だって早起きさ!という方はチェックするとおいしいかも知れません♪

「24時間取引できる」と言っても、ずっとチャート画面にかじりついているわけにもいきません。またその必要もないのですね。幸い日本人にとっては仕事のあとにひと息ついた頃がFX取引の「おいしい時間」というわけです。

あくまでも、どの時間に取引するかは自由です。相場の活気づく時間帯をわかったうえで、なおかつ自分の投資スタイルを守っていけるなら、あなたのFXライフはもう盤石ですね。

注)夏時間・冬時間の関係で時刻がずれることがあります。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する