人民元と円の直接取引でスプレッドはどうなる?

2012/06/01

きょう6月1日から、ついに人民元と日本円の直接取引がスタート。東京と上海にそれぞれ直接取引のための市場が開設されます。

2004年に対中国の貿易額(輸出と輸入の合計)が対米貿易を上回って以来、日本と中国の貿易は堅調に伸び続けています。2011年には前年比14.3%増加して3449億ドル(約27兆円)。対米貿易の2倍のスケールに迫る巨大な通貨需要があるのです。

これだけ大きな貿易取引なのに、これまで両国間の決済にはほぼ100%米ドルが使われてきました。しかし、米ドルを間に挟んでの取引では交換手数料がかさむ上に、ドル円相場の動きで損失が発生するリスクもあります。そこで、昨年12月に開催された日中首脳会談での合意を受けて、日中政府の合同作業部会が民間金融機関などと協議を進めてきたのです。

東京市場では、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行、みずほ銀行が取引に参加。主に海外投資家向けの取引を開始します。実際の需給から算出した取引レートを常時提示し、為替変動幅の制限はないとのこと。

上海での取引は、外国銀行を中心とするマーケットメーカーが提示する人民元/円の平均レートを基準値として日々公表。1日当たり上下3%の変動幅以内で、上海の外貨取引センター(CFETS)を通して取引されます。

これはFXファンにとって朗報ですね。日本円と人民元を直接取引できるようになれば、当然FXでも取引コストが低減して通貨ペアとしての魅力が大幅アップしますもんね。

しかし、中国の金融市場が未発達なことや、変動幅が管理された人民元と完全な変動相場制の日本円の取引がうまく行くのかといった指摘もちらほら。

とはいえ、まずは、“動き出したこと”に大きな意義があると思うのです。というのも、実需筋が直接取引を利用することで市場に出回る人民元は確実に増加するでしょう。流通量が増えることで、中国金融市場の機能安定が促されることは十分期待できそうです。また、従来のドル・元に加えて円と元の交換市場が立ち上がることは、三者間での通貨取引が実現することを意味します。相場の安定感アップは間違いありません。

さらに注目なのは人民元の変動幅。今年の4月に対ドル取引で1日当たり上下1%まで緩和されましたが、今回の直接取引ではさらに格段に自由度が高まりました。これは中国政府の人民元自由化に向けての決意の現れと見ることもできそう。

人民元と直接取引できるFXがすぐに始まるかどうかは不明です。しかし、どのFX会社が先陣を切るのか、FXでのスプレッドがどれくらいになるか、などなど興味津津ですね。

この動き、今後どのように推移していくか、FXファンの立場から目が離せません。FX各社の動向も含め、新たな動きがあれば即・続報したいと思います。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する