G20も「異次元の緩和」に一定の理解。海外にはまだ円安要因も

2013/04/19

先週金曜日の夕方に見た為替に関するニュースでは「来週(つまり今週ですね)は1ドル=100円を突破したあと、“達成感”による調整か」「心理的にもテクニカル的にも大きな節目」など、あくまでも今週は「100円をめぐる攻防が当然である」ような印象を受けました。

しかしその後は米3月の「小売売上高」が予想外のマイナスだったこと、4月の「ミシガン大消費者信頼感指数」も9か月ぶりの低水準となったことなどによってNY市場でドル売りが活発化。さらに米財務省が半期為替報告書で「金融緩和が内需拡大につながるかどうか、日本の通貨政策を注意深く監視する。日本は通貨安戦争を避けるべきだ」との見解を示したことから、ドル円は約1円も急落しました。

これまで日本のデフレ脱却策に伴う円安の流れに批判的なコメントをしてこなかった米当局が、とうとう円安を「けん制」してきたわけです。もちろん「どこまでも容認してくれるわけではない」とわかってはいたものの、実際にコメントとして出てくると、日本の円安を好ましく思っていなかった各国が不満をあらわにするような姿勢を示すのかどうかも気になるところでした。

15日には中国1-3月期のGDPが低調だったことをきっかけに円買いの動きが強まり、ドル円は96円台半ばまで下落。さらにニューヨーク市場では株価の軟調、そして「金が暴落」と言ってもいいほど値を下げたこと、そして追い打ちをかけるようにボストンでは爆破事件が。市場のムードは完全にリスクオフに転換しました。

市場が不安を抱える中、世界経済の中心を担う各国の要人がどのような発言をするかに注目が集まったのが今朝からワシントンで開催されているG20。黒田日銀総裁はこの席で「目的はあくまでもデフレ脱却であり、円安誘導ではない」と日本の政策が正当性を持ったものであることを改めて説明します。その結果日本がデフレ脱却を果たした場合には、米国にも、世界経済にもプラスになるという点もしっかり伝える必要があります。

もっとも、G20に先立つこと数日、オランダでの講演でドラギ・ECB総裁が「通貨戦争というものは全く起こっていない」「(日本の政策は)国内政策を考慮して決定されている」、つまり円安誘導ではないという見解を示していたように、日本への表立った批判はないだろうというのが大方の予想です。もしも米国を含めた先進国が日銀の緩和策を批判すれば「自分たちの金融緩和策はどうなんだ」という話になってしまうからです。

黒田日銀の「異次元の緩和」もこのG20を無難に通過したということであれば、次の注目は26日からの日銀金融政策決定会合。前回の会合で「政策を小出しにしなかった」ことは「材料出尽くし」という見方もされていますが、わたしたち投資家が各政策の「実効性」を見極めていかなければならない点に変わりはありません。

また一方では「短期的には一服といったところだが、海外要因による円安余地はまだある」という声は多いようです。中長期的には105円も視野に入れつつ、次の一手を練っておきましょう!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する