バーナンキ議長が緩和縮小を示唆!米景気回復に強い自信か。

2013/06/21

先週は、日銀金融政策決定会合が追加緩和策を見送ったことで株安・円高の流れが加速。ドル円は一時93.79円まで下落し「4月4日の日銀異次元緩和の際の水準まで下落」という見出しがあちこちで目立ちました。

しかしそもそもこのところの株安・円高のきっかけとなったのは、5月22日に米FRBのバーナンキ議長が「向こう数回の会合で緩和縮小は可能」と発言したことにより「9月に緩和縮小か」という観測が広まったことです。

「緩和縮小」は「景気が回復したからこそ」であり、本来は株高・ドル買い(円安)の要因になってしかるべきのはずなのに、ここのところは「緩和縮小」「株安」「ドル売り」という流れがすっかり定着してしまっているかのようでした。「米景気は回復している」ものの、それはあくまでも「緩和があってこそ」。つまり米景気の回復に対して本当の自信はまだ持てない、ということなのでしょう。

そのため19日のFOMC声明とバーナンキ議長の会見をめぐっては「市場の動揺を鎮静化するため、緩和縮小に関する発言をトーンダウンするのでは」との見方が強まっていました。しかし議長がその通りに緩和縮小観測をけん制すればすんなり株高円安要因となるかというと、やはりそこでも「緩和継続」イコール「米景気回復はいまひとつ」ということで株安円高の要因となってしまうという声も。

このように緩和縮小に対しては「この見方をすればこうなる」という道筋が複雑に絡みあう中、議長会見の前日18日、ドル円が95円台後半まで続伸しました。ただしその要因は「FRBが買い入れプログラム縮小の用意はほぼ整ったと示唆するとの観測から、一部のトレーダーがドルを買い円を売った」こと。

つまり「緩和縮小観測」から「株安」を経て「ドル売り」という今までの流れとは違う動きを見せたのです。これは意外でした。そうなるとなおさら水曜日のFOMC声明とバーナンキ議長の会見を受けて市場はどんな動きを見せるか興味深いところ。もちろん市場の強い関心が集まりました。

そして日本時間20日未明、FRBのバーナンキ議長はFOMC後の会見で「米経済は十分に力強く拡大しており、FRBは年内に資産買い入れの縮小に着手する」との見方を示し、あわせて「米経済が予想通りのペースで拡大すれば、FRBは年内に債券買い入れを縮小する可能性がある」との見解を示しました。これを受けて米国金利上昇・ドルが買われる展開となり、ドル円は一時97.03円まで急騰しました。

予想に反してバーナンキ議長の会見は緩和縮小・停止を強く示唆するものとなりました。「トーンダウンするだろう」と見方が多かっただけに、これはサプライズと言ってもいいほどかも知れません。ただここでも意外だったのは、議長発言を受けて米株は大幅に下げたのに、ドル円は上昇したということです。

18日のドル円続伸もそうだったように、米の緩和縮小に対して為替市場が「本来みせるはずの動き」をみせたことになります。サプライズとも言えたバーナンキ議長の緩和縮小に対する強い姿勢が、為替市場には「米景気回復に強い自信を持っている」と受け取られたのかもしれません。

そのあと米株安を受けてドル円が再び下げたように今後の値動きについて楽観視することはできませんが、米国の緩和縮小は景気回復の結果であり歓迎すべきことであるのは間違いありません。G8で一定の評価を得た日本のアベノミクスもまだ始まったばかり。次のチャンスに備えて戦略を練っておく価値は大きいですね!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する