日曜日は参院選!「アベノミクス第2幕」で再び円安は進むのか

2013/07/19

先週はバーナンキ議長が「当面は金融緩和策を継続する」との方針を示したことで結果的にはドル売りが進み、一時は99円台半ばまで急落。議長発言が「ハト派」と受け止められ「9月のQE縮小開始観測が後退」したのが印象的でした。

改めて議長の発言を振り返ってみると「予見しうる将来においては緩和政策の継続が必要」というのは「利上げ開始」まで織り込もうとしていた市場をけん制する意味も含めて「2~3年程度は通常の緩和は継続する」つまり「金利を大きくは引き上げない」、ただし雇用が安定すれば「量的緩和は縮小する」という意味でしょう。

発言直後にはやや敏感すぎるかとも思える反応を示した市場も、時間を経るにつれて「ゼロ金利」と「量的緩和」は別箇という認識が定着した感があり、日本時間の18日朝方発表のバーナンキ議長証言でもその点を念押しするような「配慮・加減」がされる、と見られました。

そして日本時間の18日早朝に発表された下院金融委員会での証言原稿では、バーナンキ議長は年内に緩和規模縮小に着手する方針をあらためて示したものの、経済見通しが変化すればこの方針も変更される可能性があると強調しました。

これも内容的にはこれまでの発言と変わったところはありません。緩和縮小に関して事前に決まった計画はなく、景気に従って柔軟な対応をするという姿勢を議長が繰り返し示すことで市場には次第に安心感が広がり、これまで以上に米景気の回復具合に対して素直に反応しやすくなったと言えるでしょう。つまり米の各経済指標にはより注目が集まることになりますが、日本国内でも今週末には大きなイベントが待ち構えています。

21日の日曜日はいよいよ参院選。自公が過半数の議席を獲得し、「ねじれ」が解消されるという見通しに変化はありません。昨年12月の衆院選の選挙期間中から既に始まっていたとも言える「アベノミクス」期待は、同じように参院選の結果を待つまでもなく株高・円安を先取りする可能性がないとも言えません。

そして参院選の結果でも国民の支持を得たならば、その日からは「アベノミクス・第2幕」が幕開けするかも知れません。今週は投票も大事ですし、ポジションチェックも大事になります。お忘れなく!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する