米財政協議が暫定で決着。ようやく「本筋」の緩和縮小に再注目

2013/10/18

先週金曜日は、米国債務上限の短期引上げに関して米議会が合意に達するのではないか、という期待からドル円は98.30円付近へ上昇。その後NYタイムズによる「米大統領は共和党の短期間の引き上げ案を拒否」との報道からいったん97.92円へ急反落したものの、ホワイトハウス声明や要人の発言から再び合意へ期待感。ドル円は政府機関が一部閉鎖した10月1日以来の高値をつけました。

15日火曜日。週末に米国財政協議が合意に至らなかったことで、デフォルト(債務不履行)が現実味を増し安全通貨の円が買われたため、日本はドル円の下落で3連休明けの取引を開始しました。この日はいわゆる「5・10日(ごとおび)」にあたることもあって実需のドル需要も期待されましたが、結局は上値の重い展開が続きました。

その後はオバマ大統領が「協議で進展が見られる」と語ったことで、合意への期待感が強まりドル円も98.65円付近まで上昇。しかし一方では米財政協議の妥結は「織り込み済み」という声もあり、午後の取引は停滞しました。

16日も引き続き米財政協議のゆくえに一喜一憂する展開が続きました。朝方は、財政協議の進展を期待して一時98.70円まで上昇。しかし昼過ぎには米議会の相変わらずの協議難航に加えて格付け会社フィッチ・レーティングスが米国の格付け見通しをAAAから「ネガティブウォッチ」に引き下げたことで98円を割り込んでしまいました。

それでも期限がいよいよ迫ってきたことで「さすがに協議は進展するだろう」という期待とともに、日本時間の17日未明にはドルが全面高に。そして日本時間の17日朝早く、米上院は債務上限引き上げ・政府機関を再開するための暫定予算を盛り込んだ法案を可決。

続いて下院でも債務上限引き上げ・暫定予算案を可決。オバマ大統領がこれに直ちに署名し、ギリギリのところでなんとかデフォルトは回避されました。ようやく政府機関も再開されることになり、安堵の広がった市場ではドル円が上昇しました。

世界経済にも大打撃を与えるデフォルトが回避されたことはもちろん歓迎すべきことですが、あくまでも「ふつう」の状態に戻っただけであり、一層のドル高要因と言えるほどのものではないでしょう。これでやっとドル円のゆくえを占う「本筋」である「量的緩和縮小時期」へ焦点が戻ることになり、そこからが本番です。

最重要指標である雇用統計も米政府機関の閉鎖で発表が延期されたため、今月29日・30日に開催されるFOMCで緩和縮小を判断するに充分な時間があるかどうかは微妙です。米議会の今回の決着はあくまで暫定のものであり、政府機関のストップが経済に及ぼす影響にはこれから表れてくるものもあるでしょう。まずは発表が延期されていた9月雇用統計の結果が早く知りたいところです。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する