今夜は1週間遅れの10月分雇用統計。冬時間なのでご注意を!

2013/11/08

先週金曜日は、日経平均の一時大幅下落・下げ幅縮小に伴ってドル円も一時97円に下落・やがて98円台を回復という動きでした。その後は米の政府機関一時閉鎖の影響が懸念された10月のISM「製造業」景況指数が予想を上回ったことで、NY市場では98.85円までの上昇を見せました。

週が明けた4日は東京市場が振替休日でお休み。しかも週末には米国雇用統計の発表も控えているということで目立った動きはなく、終始様子見ムードが漂いました。

日本の3連休明け5日は、日経平均が序盤の勢いを維持できなかったこともあって一時は98.15円付近まで下落。しかしNY市場で今度は10月のISM「非製造業」景気指数も予想を上回ったことで98.64円まで持ち直しました。ただしこれで前週末から2度トライしている99円突破にはいずれも失敗。ドルの上値の重さが意識される展開となりました。

6日も引き続き様子見ムード。日経平均が一時180円超の上昇を見せてドル円も98.76円まで上昇したものの後は続かず。日本企業が相次いで好調な中間決算、通期業績の上方修正を発表している割には精彩を欠く日経平均株価に連動する形で98円台後半でのもみあいが続いています。

振り返ってみると、先週のドル円反発のカギとなった「FOMC声明が思ったほどハト派的ではない」「ややタカ派とも」との受け止められ方はほぼ「その場だけ」のような限定的な反応。一時は98円台後半まで反発したドル円ですが、やはりFRBが12月会合で緩和縮小を開始する可能性は低いと見られており、力強く上昇というわけにはとてもいきません。

そしてきょうは本来より1週間遅れて10月分の雇用統計が発表されます。前哨戦のADP雇用調査の結果が弱かったこともあり、非農業部門雇用者数(NFP)の事前予想も「プラス12.5万人」とかなり控えめ。政府機関一時閉鎖の影響がどの程度あらわれてくるかが気になるところです。

とは言え雇用統計に関して市場は「実際の数字の大小」と言うよりも「事前予想との距離」に反応するもの。つまり「実際にこうだ」ではなく「思ったより良い・悪い」がカギとなるため、あらかじめかなり控えめに見積もられた今回のNFPに目先ではチャンスがないことはないのですが、年内縮小緩和開始の期待が持てるほどのサプライズ的な数字でも出ない限り、中長期での明るい展望は見えてこないというところでしょう。

とにもかくにも注目は今夜の雇用統計。必ずチェックしておきましょう。今回から冬時間に切り替わって日本時間の22:30発表です。お忘れなく!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する