今夜は雇用統計!「緩和縮小でも株高」で「年内105円」も?

2013/12/06

先週金曜日は、前日に日経平均が終値ベースで2007年12月以来約6年ぶりとなる高値をつけたことで利食いやポジション調整の動きが進み、それに連動する形でドル円も102.12円まで下落。しかし一時200円を超えた日経平均の下げ幅が結局2ケタ安で引けるとドル円も102円を割り込むことなく反発を見せ、その後は102.40円まで回復しました。

週明けの2日はユーロ円、ポンド円が5年2ヶ月ぶりの高値をつけたものの、ドル円は動きが乏しく102円台前半のまま。

しかし3日になると米の11月ISM製造業景況指数が予想を上回る高水準となったこと、併せて日銀の金融緩和への期待もあってドル円はとうとう103円台を回復。一時は103.74円の年初来高値を目指すか、と言うほどの動きを見せました。しかし利益確定の売りも進んだためやがて103円割れ。さらにNY市場でダウが大きく下げると、なんと一時は101.98円まで下落しました。

4日は東京市場で日経平均が一時400円超のマイナスとなったものの、終盤にその下げ幅がやや縮小するとここでもドル円は底堅さを見せて102.84円まで上昇。欧州市場でいったん102.30円まで下げたものの、米雇用統計の「前哨戦」ADP雇用調査が予想を大幅に上回ったことを好感して102.70円近辺まで反発を見せました。

ただし、そのあと同じく注目された11月のISM非製造業景気指数が予想を下回り、さらにダウが大きくマイナスとなるとドルは売られ、再び102円を割りこんでしまいました。

ということで相変わらずドル円は株価と連動する動きを見せています。ただし、全体的には米の各経済指標が好調さを持続する中、12月を迎えて株式市場は「緩和縮小は時間の問題」という見方を強めており、景気回復のサインであるはずの強い指標を見て下げてしまう、というもどかしい動きは小さくなっています。

今夜はいよいよ雇用統計。ひところまでは今回強い数字を示したとしても緩和縮小開始は「早くて1月」という見方が多かったのですが、相次ぐ好調な指標を受けて「今月17日18日のFOMCで開始も」という観測も強まっているようです。

FOMCが緩和縮小開始を判断するために最重要視している指標は今夜の雇用統計。株式市場がある程度「覚悟」を決めたことで、今夜も強い数字が示されればこれまでなかった「金利上昇」と「株高」の同時進行という可能性もあります。

そうなればドル円もより一層上昇する公算が大きくなります。「年内に105円」という予想も浮上する中、ことし最後、今夜の雇用統計は絶対に見逃せません。発表は日本時間22時30分。お忘れなく!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 18ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する