今夜は雇用統計!今年はQE縮小の「ペース」がポイント

2014/01/10

先週、日本が正月休みで商いが薄い中、ドル円は一時105.44円と5年3ヶ月ぶりの高値に。その後は一時104円を割り込もうかというところまで下げたものの、バーナンキFRB議長が経済見通しについて前向きな見方を示したことなどを受けて104.89円まで回復しました。

東京で新年最初の取引が始まった1月6日月曜日は日経平均がいきなり一時400円超のマイナスとなったことを受けて円買い圧力が強まりドル円は104円台前半に下落。いったん持ち直した後、12月のISM非製造業景況指数が予想を下回ったことで再びドルが売られて一時は104円割れ。103.91円まで続落しました。

7日は、この日から本格稼働した輸入企業の買いに支援されてドル円は一時104.60付近に。さらにNYダウの回復にも後押しされて104.74円まで上昇しました。8日に日付が変わると11月の米貿易赤字縮小をきっかけにドル買いが強まり、さらに日経平均が300円超の上昇で1万6100円台を回復するとドル円も呼応する形で一時105円台を回復しました。

やがて円売りが一服して104.67円まで調整を見せた後、米でADP雇用調査が発表されました。こちらは予想のプラス20.0万人を大きく上回るプラス23.8万人。これで再びドル買いが強まりドル円は105.05円まで回復しました。

その後FRBが12月17日・18日のFOMC議事録を発表したものの、多くのメンバーは債券買い入れ規模の縮小を慎重に行うことを望んでおり、「一段の縮小があらかじめ決まった路線にはない」と強調することを求める意見が大半を占めたことで市場の反応は限定的なものにとどまりました。

そして今夜は本番の雇用統計。昨年はQE縮小を「実施するかしないか」の判断材料という点でずっと注目され続けてきた最重要指標は、ことしはQE縮小の「規模」や「ペース」の判断材料として引き続き注目を集めることになります。

QE縮小の決定直後はいったん下げた株も急上昇するなどしばらくは株高・円安の「おいしいとこ取り」といったところでしたが、ここへきて強い経済指標に対しては金利上昇を懸念する米株式市場が再び微妙な反応を見せています。やはりこれだけ長く続いた金融緩和の影響をまったく引きずらないというわけにはいかないのかも知れません。

とは言え、もちろん株式市場にとっても米景気回復は望ましいこと。前哨戦ADP雇用統計が予想を上回ったことで本番にも上振れが期待されています。今年も雇用統計の結果を中心に戦略を立てるのが有効になってきそうですね。発表は日本時間の今夜22:30です。お忘れなく!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する