今夜は雇用統計!イエレン新体制のFRBはどう動く?

2014/02/07

先週金曜日は前日終盤のNY市場で堅調な米GDPが好感されたことと新興国通貨への売り圧力がいったん後退したことによるリスクオフムードからドルが幅広く上昇。102円後半まで伸びたものの、東京で日経平均が下げると円売りに対して慎重な姿勢が強まり102円半ばまで圧迫されました。

週が明けて2月3日は前週末のユーロ圏インフレ率鈍化を受けてユーロが下落。その逃避先として円が買われたため一時101円台後半に下落。その後実需のドル買いで持ち直したものの、再び新興国への懸念から株が値下がり。ドル円も上値の重さを感じる展開となりました。

翌2月4日は米ISMの1月製造業景気指数が予想外に低調な内容だったため米経済成長の先行き懸念が再発。輸入企業や個人投資家のドル買いで値を維持していたものの、日経平均が大きく下げるとこらえきれず一時101円を割り込んでしまいました。

2月5日は前日NY市場の終盤でドルが円に対して反発し、101円台半ばを回復。その後東京では日経平均も前日の下げから反発して始まったことで円売りが期待されましたが「海外勢はアベノミクスに懐疑的」との声も聞こえるなか、上値は重いままでした。

そして日本時間の22時過ぎに発表されたADP雇用調査が予想のプラス18.5万人を下回るプラス17.5万人となり、ドル円は一時100.80円まで下落。しかし続けて24時に発表された1月ISM非製造業景気指数が予想の53.7を上回る54.0、内訳の雇用指数も前回の55.6から56.4へ改善したことからドル円は101.60円付近まで反発。それぞれ事前予想に対する結果はまちまちだったもの、どちらの指標も「寒波の割には堅い」という印象です。

そして今夜は米1月雇用統計。ADP雇用調査やISM非製造業景気指数の雇用指数が「寒波の割には堅い」と言っても影響を受けていることには変わりなく、本家の雇用統計の事前予想もやや控えめ。それでも「緩和縮小を続ける」というFRBの姿勢に市場が不安を抱いていることは間違いないでしょう。

イエレン議長のもと、新体制のFRBは動き出したばかり。今夜の雇用統計はじっくり結果を見極めるスタンスでいいのではないでしょうか。発表は日本時間の22時30分です。

【雇用統計】非農業部門雇用者数変化・半年振り返り

非農業部門事業所の給与台帳を基に集計された、雇用者数の増減。 経営者や自営業者は含まれません。

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月
事前予想 +18.5 +18.0 +18.0 +12.5 +18.0 +19.5 +18.4
結果 +16.2 +16.9 +14.8 +17.5 +20.3 +7.4 【??】

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • みんなのFX

    無料オンラインセミナーや、取引に応じたキャッシュバックキャンペーン、全国の美味しい名産品がもらえるキャンペーンを毎月実施中!!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 16ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する