対露制裁強化の可能性と年度末のレパトリ。ここは慎重姿勢で

2014/03/28

連休前の先週20日木曜日は、米FRBがFOMCで債券購入額を月額550億ドルに縮小すると決定したことと、相次いだ各経済指標の弱さは「冬場の悪天候が要因」としたことで米景気回復に対する安堵感が広がり、ドルが円とユーロに対して上昇。一時102円台後半に近づきました。

しかし午後はウクライナ問題に不透明感が増して目立ったトレンドも形成されず。3連休前にも関わらず動きの乏しい相場となりました。

週明け24日も引き続きウクライナ・中国に対するリスク警戒から上値は重いまま。日経平均が一時1万4500円台を回復したことに連動してドル円は一時102.65円まで上昇。しかし中国の弱い指標と、ロシアへの米欧の経済制裁をめぐって警戒感が広がり102円台前半に押し戻されました。

25日もドル円はこう着したまま。好調な米指標や前日の反動で下げた日経平均にも影響される形で上下しましたが、関心が早くも来週末の米雇用統計に移っているのか全体的には動意に欠けました。

26日も米指標が予想を上回ったことでドル円は一時102円台半ばに近づいたものの、ここにもウクライナ情勢が陰を落とします。G7がロシアへの追加制裁を見送ったことでいったん沈静化していた市場の不安はオバマ米大統領の「ロシアが今の路線を歩み続ければ一層孤立が深まり、制裁が強化される」との発言で再燃。安全通貨の円が買われて一時は102円を割り込んでしまいました。

ウクライナ情勢に関して市場はこれまで意外なほど楽観的だったように思いますが、オバマ大統領の発言に対する反応を見るとやはり懸念はくすぶり続けており、「リスクオフ」の流れを引き起こすに充分な要因であることが実感されます。

機関投資家のレパトリは年度末ギリギリを待たず早い段階で始まっているという声もあり、ドル円がさらに押し戻される可能性もあるでしょう。来週末の雇用統計に向けて、今週も慎重な姿勢で臨むのが良さそうです。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する