107円突破!さえない雇用統計もなんのその

2014/09/12

先週の金曜日は8月雇用統計の発表でした。「利上げを早めるような数字にはならないだろう」という見方がありましたが、それでも「そこそこ良い数字」が予想されていました。過去半年間の推移と今回の事前予想は以下のとおりです。

【非農業部門雇用者数変化】

非農業部門事業所の給与台帳を基に集計された、雇用者数の増減。 経営者や自営業者は含まれません。

2014年2月 ~ 2014年8月の推移(前月比 単位:万人)

  2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
事前予想 +14.9 +20.0 +21.5 +21.5 +21.5 +23.1 +22.5
結果 +17.5 +19.2 +28.8 +21.7 +28.8 +20.9 【??】

【失業率】

失業者数÷労働力人口×100で求められたもの。対象は16歳以上。 軍隊従事者や刑務所服役者、労働意志のない者は除きます。

2014年2月 ~ 2014年8月の推移(単位:%)

2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
6.7 6.7 6.3 6.3 6.1 6.2 【??】

そして9月5日、8月の米雇用統計が発表されました。非農業部門雇用者数が事前予想の+22.5万人を大幅に下回る【+14.2】万人。失業率はやや持ち直して【6.1】%となりました。

非農業部門雇用者数が8カ月ぶりの低水準、さらに6月7月の雇用の伸びも当初の発表より2.8万人少なかったと修正されたことを受け「米FRBが予想より長く事実上のゼロ金利政策を維持する」との観測が高まりドルは下落。週が明けて月曜日の東京もドル円は105円前半のままで推移しました。

しかしドル円が105円を割らず改めて底堅さを示したことで安心感も広がったのか、ここを「押し目」と見た買いの勢力が強まりドル円は徐々に回復。浜田内閣官房参与が「円安は日本経済にとってプラス。円安はさらに進みそうだ」と述べたことや日銀黒田総裁の円安容認発言もあって火曜日には106円を突破。6年ぶりの高値をつけました。

10日の水曜日になると米利上げに関する観測は先週の雇用統計直後から一転、「FRBは来年利上げに踏み切るのではないか」という見方が広がりドル円はさらに上昇。106円後半をつけました。

その日の深夜には米でFRBがタカ派姿勢を強めるとの観測から米国債の利回りが上昇。ドル円は木曜午後にとうとう107円を突破しました。

国内景気回復にかげりが見え始め「消費税10%」の行方に注目が集まるなか日銀黒田総裁は消費増税を強く支持。「景気に下振れリスクが生じた場合は金融政策で支える」との発言は追加緩和の用意を示唆しており、円が売られやすい材料は整っていると言えます。

そして来週17日は米でFOMC。声明文の内容いかんでは早期利上げ観測が進んでさらにドルが買われる可能性もあります。この3連休のうちにポジションを丁寧にチェックしておく必要がありそうですね。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • みんなのFX

    無料オンラインセミナーや、取引に応じたキャッシュバックキャンペーン、全国の美味しい名産品がもらえるキャンペーンを毎月実施中!!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 16ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する