とうとう110円を突破。今後を占う雇用統計は今夜!

2014/10/03

先週金曜日。朝方から108円半ばでもみあう展開を続けていたドル円は塩崎厚労相が年金積立金管理運用独立行政法人の改革に意欲を示したことで上昇。109円を回復すると、NY市場へ移ってからは米の第2四半期GDP確報値が上方修正されたことで米の景気回復ぶりが示され、109円半ばまで上昇しました。

週明け29日の月曜日になると日経平均がプラス圏で推移したことを受けてさらに上昇。一時2008年8月以来の高値となる109.75円をつけたものの、その後は香港の民主派によるデモを懸念して米株が下げたたためドルは売られました。

火曜日は一時109円半ばまで回復したドル円でしたが、四半期末・月末ということもあって実需のドル売りがやや優勢に。さらに東京では日経平均の大幅下落、NYでは住宅に関する指標が市場予想を下回ったことで上げ幅は限定的でした。

しかし10月に入って1日の水曜日は午前の東京市場で短期筋主導のドル買いが強まり、ドル円は2008年8月25日以来、約6年2カ月ぶりの高値となる110.09円まで上昇しました。ただしその直後にオプション関連の売りが強まり、さらにNYでは米国債利回りの低下によってドルが売られました。

日本時間の水曜遅くに発表された米ADP雇用調査が予想を上回るものだったためドル円は一時109.97円まで回復しましたが、その後発表されたISM製造業景況指数の下振れや米株安による米国10年債利回り低下でドルが売られて109円割れ。結局6年2カ月ぶりの高値から1円超の下落となりました。

とはいえこの1カ月で5円超、2カ月だと8円もの上昇を見せたドル円が調整に入るのも無理のない話です。大きな節目である110円を突破したことに関しては「一定の達成感」が「ある」という声と「まだ」という声が入り交じっており、今夜発表される雇用統計などで再び110円を回復するか、あるいは今後何度も110円を試して抜け切れないかで流れは変わってくるかもしれません。

日本では消費税10%の「判断」に向けてさらなる景気回復策としての「追加緩和」が現実味を帯びてきました。対する米の利上げペースがどうなるかを見極めるためにも今夜の雇用統計は絶対チェックです!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する