自民圧勝は織り込み済み。しかし原油安懸念で乱高下

2014/12/19

先週金曜日のドル円は日経平均が上昇したことで一時119円前半まで上昇しましたが、その後は衆院選を控えて明らかに様子見ムード。118円後半のまま方向感は出ずじまいでした。

衆院選投開票の日曜日が明けて15日の月曜日。自民党の圧勝は織り込み済みだった市場にとって焦点だった「勝ち方」はサプライズに至らず、選挙が終わったことによる「材料出尽くし感」からドルが売られてドル円は117円後半に。しかし商いが薄かったこともあって意外に早く一時119円まで上昇するなど乱高下しました。

火曜日は前日のNY市場で原油価格の下落から対ルーブルでドルが上昇するなどドル買いが進行、さらにFOMCがゼロ金利について「相当な期間」という文言を外すのではないかという憶測からドルが上昇しました。しかしなおも広がる原油安懸念からリスクオフの円買いが進み、ドル円は117円後半まで下落。その動きは東京市場の午後になっても続き、結局117円前半まで下げました。

17日の水曜日。前日の海外市場では一時115.57円を付けるなど原油安懸念の円買いで下落したドル円でしたが、株価の上昇に伴い116円後半から117円付近で推移するなど底堅い動きを見せました。その後は米のFOMC待ちとなり動きはやや鈍くなりました。

その日の深夜に発表されたFOMC声明で、事実上のゼロ金利を「相当な期間」維持するとしていた文言を修正し、利上げ決定には「辛抱強い」アプローチが必要、という表現を採用しました。これが来年の利上げに向けての「強いシグナル」であると受け止められドルは上昇。一時119円台を回復しました。

この「辛抱強い」に「利上げしたい」ニュアンスが感じられることでドルが買われましたが、結局は「これまでの“相当な期間”と一致するもの」という説明が加えられました。しかしこれを市場は「景気は回復している」、でも「拙速な利上げはない」と「いい方に受け止めた」格好になっているようです。

株安・円買いの原因となった原油安・ルーブル暴落もひとまず収まりそうだということで短期的には株もドル円も上昇が期待されています。この週末は「攻めの戦略」を検討してみてもよさそうです。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ