6月利上げの可能性は残っている?今夜は雇用統計!

2015/05/08

先々週末4月24日のドル円は119円半ばでの推移となりました。その前日は海外で一時120円をつけたものの3月米新築住宅販売が予想外に振るわなかったことを受けて反落。その後は日米の重要イベントを翌週に控えていたこともあって方向感が出ませんでした。

4月27日の月曜日は日経平均が4営業日ぶりに2万円を割ったことなどから円が買われましたが、月末を控えた実需筋のドル買いに支えられてドル円は118円後半をキープ。引き続き日米金融政策イベントを待つ形で動きに乏しい展開でした。

4月28日火曜日。米株上昇もあって前日のNYで119円前半まで戻したドル円は、米FOMCや日銀金融政策決定会合を間近に控えて実需筋投機筋ともに動きが鈍く、午後になるとさらにこう着状態が強まりました。

日本が祝日だった4月29日の深夜に発表されたFOMC後の声明は労働市場の弱含みと成長鈍化を指摘し、少なくとも9月までは利上げに踏み切る用意がない公算が大きいことを示唆するものとなりました。さらに1-3月期の米GDPがまったくさえない結果だったことでドルが売られ、118円後半となったドル円は午後になって日銀会合で金融政策の現状維持が発表されると一層弱含みました。

しかし5月1日になるとシンガポールや香港が休場で参加者が少ないなかドル円はじりじりと上昇。結局は119円後半まで戻しました。

日本が連休に入った5月2日は前日のNYで発表された指標がまちまちの内容だったものの「全般的には経済の安定を示す可能性がある」と受け止められ、ドル円は120円前半まで上昇しました。

5日は朝方発表された米製造業新規受注が米経済の回復を示唆する内容となったことでドル高が進行しドル円は一時120.51円まで上昇。しかしその日終盤には再び「まちまちの指標」が将来の利上げペースをめぐる不透明感を高めるものと受け止められ、ドル円は下落しました。

日本が連休明けとなった5月7日。前日深夜に発表されたADP雇用調査は2014年1月以来の低い伸びとなり、ドルがさらに売られてドル円は119円前半から半ばでの推移となっています(5月7日AM現在)。

先月終盤に発表されたFOMCで「米国は9月までは利上げに踏み切る用意がない公算が大きい」ことが示唆されたものの、5月1日には米クリーブランド地区連銀のメスター総裁が「利上げが適切となる時期が近づいており、次回の6月を含めすべての会合で利上げを決定する可能性がある」との考えを示しました。

総裁は「すべての会合で可能性がある。入手する指標を判断しながら各会合に臨む」とも述べ、さらに「雇用統計が非常に大きな意味を持つ」「とりわけ4月、5月の雇用統計を注視する」という考えを示しました。

今夜は4月分の雇用統計が発表されます。「6月利上げの可能性」に注目です!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ