米6月利上げは「尚早」。でもドル円121円突破の理由とは

2015/05/22

先週金曜日のドル円は4月米卸売物価指数が弱かったことでFRBの利上げ時期が遅れるとの見方が強まりNY市場で1月以来の安値をつけた後、東京に移ると実需のドル買いでやや持ち直し正午までに119円前半。午後にはユーロドルでのドル買いがドル円にも波及した格好で119円半ばまで上昇しました。

週が明けて18日の月曜日。日経平均株価が前週末に続いて続伸スタートとなったことを受けてドル円は正午までに119.76円まで上昇。しかし前週末に発表された米の各経済指標が軒並み弱かったことが尾を引いて120円を試すまでには至りませんでした。

火曜日は午前中きわめて動きに乏しい展開が続いたあと日経平均が取引時間中としては4月28日以来となる2万円を回復したことでドル買いが進むと期待されましたが、120円台の強い売り需要に上値を抑えられ119円後半にとどまりました。

20日水曜日は米の住宅指標が予想外に強かったこと、また欧州中央銀行(ECB)がインフレ率を上げるため量的緩和(QE)を前倒しする方針を示したことでドルが買われました。日本でも日経平均が引き続き堅調だったことで午後になって一時121円台に乗せた後、利益確定の売りに押し戻されました。

しかし日本時間その日夜のNY市場でもECBによるQE前倒しによるドル上昇の流れが続き、ドル円も一時121円半ばに近づこうかという勢い。その後は121円前半での推移となっています(5/21AM現在)。

20日に発表された4月28-29日分のFOMC議事要旨では「6月までの経済指標が利上げの条件を満たす可能性は低い」とされたものの、一方で「米経済は第1四半期の減速の後に緩やかに拡大し、労働市場も改善する」と見ていることもわかりました。

利上げについてFOMC議事要旨が「6月」を期待できる材料とはならない内容だったにも関わらずこれだけドル円が上昇したのは意外でしたが、「9月前後には大丈夫」と受け取れる内容だったことで、ECBがQEの前倒し方針を示した欧州との金融政策の違いがより鮮明に映ったという面はあるでしょう。

日経平均が2万円を回復した日本ではここのところ2015年3月期決算企業の好調さが連日のように伝えられており、さらなる株価上昇によるリスクオンの円売りも期待されるところです。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ