黒田発言に「補足」でドル円上昇も、FOMC声明は「思ったよりハト派」

2015/06/19

先週金曜日、前日のNY市場で米小売売上高が好調だったことを受けてFRBによる利上げが「早ければ9月」という観測が強まりドル円は一時124.13円まで上昇。翌日の東京ではいったん123.13円まで下落したあと123円半ばまで持ち直したものの、黒田発言による急落の余韻が残り、上値の重い展開となりました。

週が明けて15日の月曜日も引き続き123円半ば。米FOMCを前にして動きづらいなか、それでも底堅さを見せたドル円でした。

火曜日は午前10時に始まった参議院財政金融委員会で黒田日銀総裁が先週の円安けん制発言について「名目ベースの円安を望んでいないとか、円安にならないだろうとか申し上げてはいない」と“補足”したことを受けてドル円は安値の123.32円から一時123.81円まで上昇しました。

水曜日は米FOMCを前にドル円はほとんど目立った動きのない膠着状態。日本時間のその日深夜に発表されたFOMC後の声明では年内に利上げを実施する姿勢を維持したものの、その後の引き上げペースは前回予測より緩やかになる、との見通しを示したことが予想外にハト派的と受け止められ、ドルが売られました。

今週のドル円はFOMCを前にジリジリと値を上げ結局は先週の黒田発言前の水準まで戻しましたが、イエレン議長の会見内容が思ったよりハト派だったことで一転ドルが売られました。

ちょっと前までは好調な経済指標のあと「年内利上げ」観測が強まっただけでドルが買われる意外な展開だ、と書いていたのですが、今回イエレン議長自身が「年内」に言及してもドル買い材料とはならず、むしろ利上げペースが緩やかになるとの見通しを受けてドルは売られました。

ただしFRBは利上げ時期についてこれまで通り経済指標次第との姿勢を変えておらず、「12月」と「9月」という声が大勢を占めるなか、今後も各経済指標に注目することで細かいチャンスを拾えるかもしれません。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する