米利上げ「早ければ9月」が再浮上!大台突破はいつか

2015/07/17

先週はギリシャ懸念と中国株の下落に揺れたドル円。週が明けた月曜日もギリシャをめぐる不透明感を拭うことはできずリクスオフの円買いが引き続き優勢に。しかしその後一時は反発するなど、底堅さも見せました。

14日の火曜日、ギリシャ支援策をめぐる協議でギリシャと国際債権団が合意に達したため、市場の関心は米利上げに移行。利上げ時期については再び「早ければ9月も」との見方が浮上してドルが買われ、ドル円は一時123円後半まで上昇。その後は利益確定の売りに押されて123円半ばでの取引となりました。

水曜日。前日のNY市場では米小売売上高が予想を下回る弱さだったことから9月利上げの見方が弱まり、明けて東京時間になると日銀の金融政策現状維持が発表されこれもややドル売りを強める格好に。それによりドル円はいったん123.40円まで下げた後123円半ばまで持ち直すと、夜のイエレンFRB議長の議会証言を待って動きに乏しい展開となりました。

日本時間のその日夜、イエレンFRB議長は議会証言の原稿で「海外情勢により米経済が大幅に損なわれる公算は小さい」「FRBは引き続き年内に利上げを実施する軌道に乗っている」との見解を示しました。

するとNY市場では「早ければ9月にも利上げが行われる」との観測が再度強まってドルが上昇。加えてFRBメンバーの一人であるサンフランシスコ地区連銀のジョン・ウィリアムズ総裁による「FRBは早ければ9月に利上げを開始し、年末までに一度追加利上げを行う可能性がある」との発言が伝えられるとさらにドルが買われ、ドル円は一時123.97円まで上昇。木曜の東京市場も123.90円付近を維持しています(7/16AM現在)。

現時点ではギリシャ懸念がひとまず後退。中国株も政府による必死のサポートが続く中、底堅さを印象づけてきたドル円が124円を維持し、さらなる「材料」を得て125円の大台を突破するのはいつになるか、注目です!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する