12月利上げ可能性が強まりドル円は一時123.76円に!

2015/11/20

先週金曜日のドル円は株価以外にめぼしい材料もなく122円半ばでの推移が続きました。しかしNY市場に移ると好調な米経済指標とFRBメンバーのひとりが12月利上げを支持する発言をしたことによってドルは全面高に。特に対ユーロでは一時7カ月ぶりの高値をつけました。

16日の月曜日。早朝の時間帯には前週末のパリ同時テロを受けてリスクオフの円買いがやや強まり、ドル円は一時122.23円まで下落。しかし年内利上げ観測が後退することはなく、火曜日には一時123.33円まで値を戻しました。

さらに海外時間になると米CPIの上昇などを材料にドルが買われドル円は一時123.49円まで上昇。翌水曜日の東京市場でも午前中は日経平均の上昇を受けて一時123.48円まで上昇しましたが、上値抵抗線が意識されて123円前半での足踏みが続きました。

しかし日本時間の水曜深夜に発表されたFOMC議事要旨で参加者の大半が「12月までに利上げの条件が整う可能性がある」と認識していることが明らかになるとドル円は一時123.76円まで上昇。木曜朝の東京市場でも123円半ばでの展開が続いています(11/19AM現在)。

今回公表されたFOMC議事要旨は10月27日・28日に開催されたものについての内容。つまり、強かった10月雇用統計の発表前からメンバーの大半が「12月までに利上げの条件は整う可能性がある」と認識していたことになります。

利上げ観測が強まると下げることの多かった米株市場では主要株価指数が揃って上昇しました。さすがに利上げに対する覚悟ができたのかもしれませんが、強い指標が続いたことなどから「米経済に対する自信が強まった」ということも言えるでしょう。

利上げをめぐっては歯がゆい関係の続いていた米株とドル円が新しい展開を迎えたとしたら、ますますチャンスは大きくなりそうですね。引き続き注目です!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ