12月利上げはほぼ確定的?今夜は雇用統計!

2015/12/04

先週金曜日のドル円は感謝祭祝日により前日NY市場が休場だったこともあって動きに乏しく122.60円付近での展開。仲値付近では月末の実需フロー流入によって上昇したものの、株価が思わしくなかったこともあってドル円もじり安となりました。

その日夜のNY市場ではECB(欧州中央銀行)が次の理事会で追加緩和を実施するとの観測が強まりドルが全面高に。しかし週が明けると月末の実需筋による売り買いが激しく、ドル円は前週のNYよりやや下げたままこれといった方向感は出ませんでした。

12月に入った火曜日。相変わらずECBによる追加緩和への期待は根強くドルが上昇。ドル円は東京時間でアジア市場としては1週間ぶりの123円台を回復しました。

NY時間に移るとその日発表された米ISM製造業景気指数が大幅悪化したことを受けてドルが売られ正午のドル円は123円ちょうど付近。その後はイベントを控えて様子見となりました。

日本時間の2日深夜に発表されたADP雇用統計は21.7万人増と6月以来の大幅増。また3日未明にはイエレンFRB議長が「米国経済には利上げの条件が整っている」との認識を示唆したことでドルが上昇しました。

またFRBメンバーのひとりである米SF地区連銀のウィリアムズ総裁も「米経済が完全な回復に近づいていることを踏まえると、FRBは事実上のゼロ金利政策を早めに引き揚げることが望ましい」との考えを示すなど、2週間後にFOMCを控えて利上げムードが高まっています。

今夜は雇用統計。ここでよっぽどの番狂わせがない限り12月利上げは確定的であり、市場もすでにそれを織り込み済みと考えていいでしょう。となると焦点は「利上げのペース」に移ってきます。2016年は「次回の利上げはいつなのか」を念頭に雇用統計の発表を待つことになりそうです。

ことし最後の雇用統計、その先にはFOMC会合が待ち受けており、年内にもまだまだチャンスがあります。ここ数年、年末にかけて上がる傾向にある株価との関係にも注目ですね。まずは今夜の雇用統計をお見逃しなく!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ