日銀の金融政策に市場が右往左往?

2015/12/25

先週の金曜昼の12時50分。日銀金融政策決定会合の内容についての「第一報」として「(現在の)追加緩和策を維持」が伝えられました。

これを受けて市場が落胆するかと思いきや、直後に「国債購入の平均残存期間を来年から『7-12年』に延長する」「ETF・REITの買い入れに新たな枠を設定する」との方針が伝えられると、「事実上の追加緩和か」との反応からドル円は瞬く間に約1円も上昇しました。

約10年ぶりの米利上げを消化し終わって平和な雰囲気のなか午後になって突然のサプライズか、と思ったのもつかの間、しばらくするとこの政策について次第に「緩和の拡大ではない」「技術的な調整に過ぎない」との見方が広がり海外勢は逆に円買い。ドル円は122円を割り込んでしまいました。

週明けの東京市場も引き続き日銀の「小粒」な緩和策によって米利上げで加速していたドル買いの動きが反転。さらに原油安・株安が追い打ちをかけてドル円も121円前半まで下落。海外市場に移ると121円を割り込んでしまいました。

火曜日は米株の反発を受けて円買い圧力が弱まりドル円は121円を回復。しかしそのあと発表された米の住宅に関する指標が揃って不調だったことを受け、再び121円を割り込んでいます(12/24 AM9:45現在)。

米が利上げを決め、ユーロ圏がさらなる追加緩和をするのではないかと見られるなか、日銀が発表した金融政策は市場を右往左往させたあげく「不発」に終わりました。

来年、利上げを決めた米は大統領選、そして日本は参院選を迎えます。ことし何度か突破しては数日で押し戻された1ドル=125円の壁を本格的に突破し、次のステージに進むような政策が打ち出されるのか、注目が集まります。2016年の外為市場にも期待しましょう!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ