相変わらず「原油→株→為替」の状態が続く

2016/02/19

先週はNY市場で一時110円台に急落したドル円は、その後イエレンFRB議長が「米金利は年内に緩やかに上昇するとの考えを変えていない」との見解を示したことで12日の東京市場では朝方112.65円まで上昇。しかし午後になって日経平均が1万5,000円を下回るとリスクオフの円買いが流入、その後111.88円まで下げました。

15日の月曜日になるとそのリスクオフの動きも幾分和らぎ、ドル円は朝方から113円後半での推移。午後になって日経平均が急反発したことを受けて114円も意識されたものの、その手前で伸び悩みました。

火曜日。この日はさらにリスクオフの動きが弱まり朝方からドル円は114円半ばでの取引。午後には日経平均の続伸を受けて115円を試そうと言うところまで接近しましたが、114円後半で足踏みとなりました。

17日は前日の原油安を受けて進んだ円買いも一服。米株が上昇したこともあってドル円は114円前半での推移となりました。ただし正午になると日経平均が3日ぶりに反落したことを受けて114円ちょうどあたりでのもみ合い。午後になって日経平均が下げ幅を拡大すると113円半ばまで下落しました。

取引が欧州時間になると原油価格の反発などで一時は114円半ばまで上昇したドル円でしたが、その後NY市場に移ると1月26・27日のFOMC議事要旨のなかで、メンバーが年4回の利上げについて軌道修正の議論をしていたことが判明し再び113円台に。しかし翌18日の東京市場では再び114円台を回復するなど、値動きの激しい展開になっています。

米利上げペースに関して「年4回」はいささか古い話題という気もするので、これについて修正議論があったことを受けてドル円が下落したのはちょっと意外な気もします。ですからその後114円に戻したのは正常な動きと言えなくもないですが、依然として値動きが荒いドル円です。

米利上げに関する関心は衰えていないものの、相変わらず原油価格を見て株価が動いて、株価を見てドル円が動く、という状況です。そこにチャンスを見出せる可能性もありそうですが、無理はしないようにしましょう。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する