英のEU離脱ショックから1週間。来週は雇用統計&参院選!

2016/07/01

先週金曜日の正午ごろ、「英国の国民投票で“離脱”勝利が確実」との第一報が入ると、開票前に広がった残留派有利の見方により一時106円台まで急騰していたドル円は一気に急落。一時は99円台をつけるほどの激しい値動きとなりました。

1日で7円以上もの値幅となった乱高下に麻生財相は「緊張感を持って市場動向を注視し、必要な時は対応する」と延べ、日銀黒田総裁も「内外関係機関と連携密にし、金融市場に与える影響注視していく」とコメント。

その日のうちにG7も「為替相場を中心とする市場が混乱している現状は経済に悪影響を与える」との認識を示し「緊密な協議を通じて適切に協力する」ことを確認しました。

週明けの27日、日経平均がショック安から反発を見せるなど離脱判明直後の強いリスクオフこそ弱まったものの、ドル円に101円後半から上を試す材料はなし。英国のEU離脱が決まったとはいっても、未知数が多いことから参加者も少ない状況でした。

その日のNY市場ではポンドが売られて対ドルで31年ぶりの安値となるも円にはさほど影響がなく、取引が東京に移ってもドル円は101円後半のまま。午後、日経平均の上昇を受けて一時102.22円まで上昇したあとは102円を挟んでの値動きとなりました。

しかしその夜の海外市場では英国のEU離脱に関してのリスクオフが急激に弱まりドル円は一時102.78円まで上昇。東京市場はまだそのムードに乗りきれず102円前半での取引となりました。

英国のEU離脱が決まったとはいえ、正式に離脱となるのは2年先。当の英国民の間にさえ「まさか」と衝撃の走った日から1週間がたち、相場も徐々に落ち着きを取り戻し始めています。

来週は米の雇用統計。一時は「利上げどころか利下げも考えられる」との声もあがったほどでしたが、「まだ7月利上げの目はある」との見方も消えていません。

日銀の追加緩和に関しては早くも「7月末の会合」が注目されていますが、10日に参院選を控えていることもあってその前に何かが動く可能性も否定できません。今週も戦略の点検は入念に!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • みんなのFX

    無料オンラインセミナーや、取引に応じたキャッシュバックキャンペーン、全国の美味しい名産品がもらえるキャンペーンを毎月実施中!!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 16ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する