利上げは「12月確定」?米ドル円は104円半ばに上昇!

2016/10/14

先週の10月7日(金)、2016年9月分の米雇用統計が発表されました。

【非農業部門雇用者数変化】

非農業部門事業所の給与台帳を基に集計された、雇用者数の増減。経営者や自営業者は含まれません。

2016年3月 ~ 2016年9月の推移(前月比 単位:万人)

  3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
事前予想 +20.5 +20.2 +16.0 +18.0 +18.0 +18.0 +17.5
結果 +21.5 +16.0 +3.8 +28.7 +25.5 +15.1 +15.6

【失業率】

失業者数÷労働力人口×100で求められたもの。対象は16歳以上。軍隊従事者や刑務所服役者、労働意志のない者は除きます。

2016年3月 ~ 2016年9月の推移(単位:%)

3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
5.0 5.0 4.7 4.9 4.9 4.9 5.0

結果は失業率が5.0%とやや上昇。雇用者数は+15.6万人と事前予想を下回りました。103円後半だった米ドル円はこの結果を受けて102円後半まで下げたものの、「時間当たり賃金」がやや上昇したことで「12月利上げの公算が強まった」と受け止められ、下げ渋りました。

日本が祝日だった10日にフィッシャーFRB副議長が「米国の雇用の伸びはなおも堅調であり、成長率は年の後半に上向く」との認識を示したことでFRBが年内利上げに踏み切るとの見方はさらに広がり、11日の東京市場で米ドル円は一時104円台に上昇しました。

翌水曜日には米大統領選をめぐる不透明感からリスクオフの円買いが強まり米ドル円は103円半ばで推移。しかしその日の日本時間深夜に発表されたFOMC議事要旨が「12月利上げ観測」を後押しする内容だったためにドルが買われ米ドル円は104円半ば近くまで上昇。明けて13日も104.40円付近となっています(10/13 AM9:25現在)。

議事要旨の内容を見る限り9月FOMCでの利上げ見送りが「ギリギリの判断」だったと読み取れること、さらに大統領選が11月にあることを考えると、利上げは「12月で決まり」という雰囲気も強まっています。

「やっぱり年内に利上げする」と見るか「結局12月までないのか」と見るかによって戦略は変わってきますが、テクニカル的には米ドル円上昇の兆しも出ており、大統領選が終われば空気がガラッと変わるかもしれません。気候もようやく本来の秋らしくなってきました。秋の夜長にじっくり今後の展望を占いましょう。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 18ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する