トランプ新政権への期待で米ドル円は一時109円後半まで上昇!

2016/11/18

先週金曜日の朝方に106.93円まで上昇した米ドル円。午後になっても106円半ばでの動きとなりました。トランプ氏の勝利からまる1週間たって「ショックを消化した」あと、やや期待の方に傾きつつある雰囲気を引き継いでその後のNY市場では107円に乗せた米ドル円。週明けの東京市場でもさらに上げて午前中には107.59円、午後になると107.63円まで上昇しました。

日銀の黒田総裁もトランプ氏勝利については「これまでのところ市場は歓迎ムード」であるとの認識を示し「米国や世界経済に好ましい影響もたらすこと期待している」とコメント。110円まで向かうとの見方も市場に出始めました。

その見方のとおりNY市場では10月米小売売上高が好調だったこともあって米ドル円は一時109.33円まで上昇。16日の東京市場では午前中に一時109円を割り込むものの、午後になると再び上昇。取引が海外に移った後も円安が進んで日本時間の20時すぎには109.76円をつけました。

しかしNYでダウが反落したことなどを受けて、17日の明け方から米ドル円は徐々に下げ始めやがて108円台に。それでも午前9時半現在で108.80円付近での動きとなっています。

トランプ氏の勝利も絡んで今週もFRBメンバーのコメントが相次いでいます。総括すると選挙の結果には驚きを示しつつも「利上げは12月に行うべき」という方向性で良さそうに思えます。

しかし、トランプ次期大統領がFRB理事の人事について何か動きを見せる可能性もあります。また米上下院で過半数の議席を持つ共和党は「FRBへの監視を強化すべき」としています。

中央銀行機能の独立性を重んじるFRBは当然これに反対。フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁も16日のインタビューで「FRBは政治からの独立を維持する必要がある」「FRB当局者は世論の変化に合わせて政策の道筋を変更することはない」と言明しています。

目先の米ドル円も気になりますが、関心の柱はやはり12月の利上げです。12月2日の雇用統計、12月13日~14日のFOMCを見据えての備えも必要になってきそうです。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する