米ドル円は一時118円台。2017年も日米の金融政策に注目

2016/12/22

先週金曜日の米ドル円は1年ぶりの利上げに踏み切った米FRBがさらにタカ派的な姿勢を強めるとの観測が広がり、118円半ばまで上昇。その後は日経平均株価が上げ幅を縮小したことで一時118円を割り込んだものの、午後は118円前半での取引。

しかしそのあと海外時間では、南シナ海の国際水域で中国海軍艇が米国のドローン(無人潜水機)を拿捕(だほ)したとの情報によるリスクオフムードから円が買われて米ドル円は急落しました。

週が明けて月曜日。117円半ばから始まった東京市場の米ドル円はクリスマス休暇を控えた調整売りと押し目買いとのはざまで117円前半から半ば手前での取引となりました。

翌日火曜日は日銀が金融政策決定会合で金融政策が現状維持にとどまったことによる失望感からいったん急落したあと反発。一度117円前半に押し戻されたのち117.75円まで上昇した米ドル円は、日銀会合後の黒田総裁の発言が円安容認と受け止められたことで再び118円台前半まで上昇しました。

しかし21日の水曜日になるとクリスマス休暇を控えて海外勢の参加がますます減り、米ドル円はやがて117円半ばまで下落。夜になって117円前半まで下げたあと、深夜に発表された米中古住宅販売件数が10年ぶりの高水準だったこともあって117円後半まで上昇。22日朝も117円半ばでの動きとなっています(12/22 AM9:00現在)。

ことし相場が大きく動いたのは何といっても6月の英国国民投票と11月の米大統領選でしたね。いずれも予想外の結果に為替相場が激しく反応した感はありますが、意外に早くその結果を消化して相場が回復したのも印象的でした。

それを除けば市場の関心はことしも主に米FRBによる利上げと日銀の追加緩和でした。2017年、トランプ新政権下で米FRBの利上げペースはどうなるか、日銀はまだ「打つ手」があるのか。来年も日米の金融政策を中心に、柔軟な思考でチャンスを見つけていきましょう!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 18ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する