いよいよトランプ新大統領が始動へ。米ドル円はどうなる?

2017/01/13

先週1月6日(金)、12月の米雇用統計が発表されました。

【非農業部門雇用者数変化】

非農業部門事業所の給与台帳を基に集計された、雇用者数の増減。経営者や自営業者は含まれません。

2016年6月 ~ 2016年12月の推移(前月比 単位:万人)

  6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
事前予想 +18.0 +18.0 +18.0 +17.5 +17.3 +17.5 +17.5
結果 +28.7 +25.5 +15.1 +15.6 +16.1 +17.8 +15.6

【失業率】

失業者数÷労働力人口×100で求められたもの。対象は16歳以上。軍隊従事者や刑務所服役者、労働意志のない者は除きます。

2016年6月 ~ 2016年12月の推移(単位:%)

6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4.9 4.9 4.9 5.0 4.9 4.6 4.7

結果は非農業部門雇用者数が事前予想を下回る【+15.6】万人。失業率も前回よりやや上がって【4.7】%となりました。しかし賃金が7年半ぶりとなる大幅増だったことで米FRBによる利上げを後押しするとの期待が広がり、米ドル円は一時117円半ばまで上昇しました。

その後日本が祝日だった9日にかけてじりじりと下げてきた米ドル円は連休明けの火曜日になると米株安によるリスクオフの円買いなどで115円前半まで下落。やや持ち直した後はトランプ氏の会見を控えて方向感に欠ける展開が続き、翌日の水曜日は115円後半で様子見ムードが広がりました。

しかしトランプ氏は会見で具体的な経済成長促進策を示さず。会見前に一時116.85円まで上昇した米ドル円は失望のドル売りによって12日朝方には一時114円台まで下落しましたが、すぐに115円半ばまで回復。その後再び一時115円を割ったもののまた持ち直し、12日午前10時現在では115円前半での値動きとなっています。

トランプ氏の会見に関して市場では「失望」という声がある一方で「もともと予測不能」であることにも慣れてきたのか、米ドル円は思いのほか早く持ち直した印象があります。来週20日にはいよいよトランプ氏が米国の新大統領に就任。大物ビジネスマンでもあるトランプ大統領の手腕に注目ですね!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ