トランプ政策への期待&3月利上げ観測で米ドル円が上昇

2017/03/03

先週金曜日午後には一時112.96円まで上昇した米ドル円でしたが、FOMC議事要旨で「投票権を持つメンバー」は利上げを急ぐ姿勢ではないと判明したこと、さらに米財務長官が税制改革の骨子が固まるまでは「時間を要する」との認識を示したことでNY市場では112円を割り込みました。

週明け27日からはトランプ大統領の議会演説待ち。111円後半から112円前半での値動きが続く中、ダラス連銀総裁の「近い将来に利上げする必要があるだろう」という発言が伝わると28日午前中には112円後半まで上昇しました。

そのあともサンフランシスコ連銀総裁、NY連銀総裁が相次いで利上げに積極的な発言をしたことを受けて米ドル円は113円に乗せましたが、大統領演説を控えて動きに乏しい展開となりました。

日本時間の3月1日11時に始まった演説の中でトランプ大統領は注目されていた「驚くべき減税案」について「中間層への大幅な税負担軽減措置」と「法人税改革」を示唆。しかし具体性に欠ける内容だったため、市場の反応は限定的でした。

それでもこの演説により公約の実行について再確認できたとみた市場には安心感が広がり、改めて「3月利上げ」も意識されたのか、その日午後には米ドル円が113.50円に上昇しました。

さらにその後NYではISM製造業景況指数が2014年8月以来最高水準となったこともあってダウ平均が史上最高値を更新。3月2日朝には日経平均も昨年来高値を更新したことでリスクオンの動きが加速。米ドル円は114円を突破しています(3/2 9:30現在)。

米ドル円が一時下落する要因となったFOMC議事要旨はあくまでも1月31日-2月1日のもの。それに対して先週あたりからFRBメンバーが次々と利上げに積極的な発言をしています。

2月雇用統計は第2週である来週3月10日の発表。この結果次第では「3月利上げ」、さらに「年3回利上げの可能性」だって見えてくるかも知れません。

引き続きトランプ大統領とFRBが為替市場の「ダブル主役」といったところでしょうか。大統領とFRBメンバーの発言に注目です!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する