仏大統領選は無難に通過。トランプ政権は税制改革案を発表!

2017/04/28

先週金曜日の米ドル円は週末に仏大統領選第1回投票を控えて様子見ムード。正午前に麻生財務相が「トランプ大統領の『ドルは強すぎる』との発言は問題ない」との見解を示したものの市場の反応は薄く、109円前半での小動きとなりました。

24日の月曜日。仏大統領選挙の第1回投票の結果、中道派のマクロン氏と極右政党のルペン氏が決戦投票に進むことになりました。

さらに決戦投票では中道派のマクロン氏が優位と見られていることで市場にはひとまず安心感が広がり、米ドル円は110.64円と2週間ぶりの高値。またトランプ大統領が税制改革に関して26日に大きな発表を行うと明らかにしたこともドル買いを後押ししました。

その日のNY市場ではさえない米経済指標を受けて米ドル円は109円台に。明けて東京ではトランプ政権の税制改革案への期待感から正午前に110円を回復しましたが、北朝鮮情勢への警戒感から伸び悩む展開が続きました。

26日の水曜日も米税制改革案への期待でリスクオンの円売りが進み、米ドル円は111円台に上昇。欧米市場ではさらに上げて一時111.78円まで上昇しました。

その後、米ホワイトハウスが税制改革案を発表。減税の規模自体は史上最大のものになると見られますが、財源についての具体的な説明がなかったため、経済成長による税収増と減税による税収減のバランスについて懐疑的な見方もあり、NY市場の終盤で米ドル円は一時110円台に下落しました。

それでも連邦所得税を15%と大幅に引き下げることや、米企業が海外に留保している利益に対する税率を引き下げることはドル買い要因になり得るとの期待から、翌27日の東京市場で米ドル円は111円台を回復。午前9時30分現在で111.27円付近での値動きとなっています。

北朝鮮をめぐる緊張は続いており積極的にドルを買う雰囲気にはなりませんが、逆にこれといったドル売り材料もないといったところでしょうか。

米4月雇用統計は5月5日。仏大統領選の決戦投票は5月7日。連休後半に備えてしっかり「仕込み」ができるよう、連休前半の今週末はポジション総点検の時間を取りたいと思います。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 18ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する