トランプ氏の弾劾懸念で米ドル円は一時110円台に

2017/05/19

先週は米の各経済指標が好調だったことやFRBメンバーの相次ぐタカ派発言による6月利上げ観測の高まりから一時114円をつけた米ドル円も、114円を維持する決め手に欠けて12日の金曜日には113円後半でのもみあいに。

その日夜のNY市場では米4月小売売上高とCPI(消費者物価指数)が予想を下回ったため米ドル円は113円前半まで下落。週明け月曜日の東京は出来高が低迷し、ほぼ開店休業状態。113円前半のままでした。

そのあとの海外市場で原油価格の上昇などにより113円後半まで伸びた米ドル円でしたが、16日に期待されていた日経平均株価の2万円達成がかなわず失速。113円半ばでの小動きにとどまりました。

さらに17日の水曜日になるとトランプ大統領がロシアに機密情報を漏えいしたのではとの疑惑から米政権運営を不安視する動きが強まり、米ドル円は112円半ばまで下落。欧州市場ではトランプ大統領が議会から弾劾されるとの憶測からさらにドルが売られ、米ドル円は一時111円半ばまで下落しました。

そしてNY市場になるとトランプ大統領罷免の可能性まで取り沙汰されたことでリスクオフの円買いが進み、米ドル円は一時110円台に。18日の東京ではやや回復したものの、111円前半での取引となっています(5/18 AM9:00現在)。

トランプ氏弾劾の可能性について「限定的」という見方は多いものの、ちょっと前までのリスク材料だった「税制改革やインフラ投資の遅れ」の可能性は高まってしまった感があります。

これまでも節目節目で底堅さを見せてきた米ドル円ですが、110円という大きな節目については強く意識しておいた方が良さそうです。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 18ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する