FOMC議事要旨で早期利上げ路線は確認。来週は雇用統計!

2017/05/26

先週は米クリーブランド連銀総裁が「利上げは継続すべき」と改めて表明したことでドル買いが進行。米ドル円はNY市場で1円以上のドル高となる一時111.74円まで上昇しました。しかし19日金曜日の東京では日経平均株価が下落したことで111円前半まで下落しました。

しかしそのあとのNY市場では原油価格の上昇に伴って米ドル円は再び111円後半に。週明け月曜日の早朝に北朝鮮のミサイル発射実験を嫌気して一時110円台まで下げたものの、その後は押し目買いや日経平均の上昇によるリスクオンの円売りで111円半ばでの取引となりました。

その夜の欧州市場では独メルケル首相が「ユーロが弱すぎる」と発言したことでユーロ高ドル安が進行。米ドル円も一時110円台をつけたあと23日の東京市場に移ると111円台を回復しましたが、取引が薄く、上値の重い展開が続きました。

翌日水曜日は米フィラデルフィア連銀総裁のタカ派発言により米ドル円は一時112円目前まで上昇した後、利益確定の売りに押されて111円後半に。日本時間の深夜にFOMC議事要旨の発表を控えて様子見の小動きとなりました。

取引がNYに移るとFOMC議事要旨で6月利上げ観測が裏付けられるのではとの期待からドル買いが進行。米ドル円は一時112.13円まで上昇しました。

そしてFRBは5月のFOMC議事要旨を発表。早期利上げの基本路線は確認できたものの、インフレの減速懸念や「最近の経済指標の弱まりが一時的である証拠が得られるまで利上げは待つべき」との考えが示されたことで米ドル円は111円半ばに。明けて25日の東京でも111円半ばでの取引となっています(5/25 9:30現在)。

FOMC議事要旨でインフレの減速懸念を示したのは「数人の参加者」とされていることや、この議事要旨はあくまでも5月2-3日に話し合われた内容であることを考えると、その後もFRBメンバー(FOMCで投票権を持っていないメンバーもいますが)による利上げに前向きな発言が続いているため「6月利上げ」の可能性はまだ後退していないと見ることもできます。

来週6月2日は早くも5月雇用統計の発表です。その前日にはADP雇用統計、ISM製造業景況指数と重要指標が続きますので、今週末のポジションチェックをお忘れなく!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は21万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為どっとコム

    1,000通貨から500万通貨まで幅広い取引数量に対応。1日の新規注文数量は上限なし!PC、携帯、スマホ、iPadにも対応の取引ツールは使いやすさが評判。情報サービスも豊富で初心者も安心。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 20ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する