雇用統計だけじゃない。目白押しの重要指標でチャンスをつかめ

2017/06/30

6月22日のNY市場では原油高などを受けて111円半ばまで上昇した米ドル円でしたが、翌日の東京市場に移るとすっかり動きに乏しい展開。111円前半で取引を終えました。

週が明けて26日の月曜日は日経平均が6営業日連続で2万円を維持したものの終始小動きにとどまり、米ドル円も歩調を合わせたかのように動きの少ない状態。米サンフランシスコ連銀総裁の「FRBは緩やかな利上げを続けるべき」との発言も、米ドル円を押し上げるには至りませんでした。

しかし取引が欧州に移ると欧州株、NY原油先物、NYダウ先物の上昇を受けてドルが広く買われ、米ドル円も111.71円まで上昇。さらにNY連銀総裁による「(最近の金融状況は)FRBが金融引き締めを進めるうえで心強い」との発言を受けてやや上昇。111.95円をつけました。

明けて27日の東京で米ドル円は午前中に一時112円を回復しましたが、111円後半に押し戻された後は伸び悩む展開。それどころか取引が欧州に移るとドラギECB総裁のややタカ派的な発言によりユーロドルが上げた影響でドルが売られ、一時111.46円まで下落してしまいます。

それでも米ドル円はすぐに反発。111.83円で始まったNY市場ではやがて一時112.47円まで上昇し、28日の東京でも112円前半で底堅い動き。欧州市場で利益確定の売りに押されて一時111円後半に下げたものの、米10年債利回りの上昇に伴って間もなく112円を回復。29日の東京でも112円前半となっています(6/29 AM10時現在)。

今週も米各地区の連銀総裁による発言が相次ぎましたが、年内追加利上げについての見方はそれぞれで、市場もひとつひとつの発言に大きく反応することはありませんでした。

しかし来週は金曜日の雇用統計前にも重要指標が目白押し。短期的にも中長期的にも利益を仕込むチャンスはありそうです。注目しましょう!

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ