日米欧の金融政策の違いを見極める週末に。

2017/07/21

先週金曜日の米ドル円はイエレンFRB議長が議会証言で「資産縮小で長期金利は上昇する」との予想を示したことで113.47円まで上昇したNY市場の流れを引き継いで、東京でも一時113.57円まで上昇。そのあとは日本の3連休を控えて113円前半で動きの乏しい展開となりました。

その日夜のNY市場で米6月CPIが予想を下回ったことにより年内の追加利上げ観測が後退し、米ドル円は112.27円まで下落。東京が休場の17日は112.69円まで戻したあと18日の火曜日では午前中こそ112.60円付近で動いていたものの、午後になると112円前半に。

取引がNYに移るとオバマケアの撤廃、改革法案の成立に失敗したトランプ政権の経済政策に対する期待が後退し、ドルが売られて米ドル円は一時111.69円まで下落。明けて19日の東京でも112円ちょうど付近での値動きが続きました。

その日夜の欧州市場ではECB理事会を控えた利益確定のユーロ売りが米ドルも押し下げて米ドル円は再び111円台に。続くNY、さらに明けて20日の東京市場でも111.80円付近での値動きとなっています(7/20 AM9:30現在)。

日銀の金融政策はどうなるか。ECBが2011年以来の利上げに踏み切るか。黒田日銀総裁、ドラギECB総裁ともに記者会見は20日ですから、当ページが更新されるころには結果が出ていることになります。

しかし日米欧の金融政策のスタンスの違いは発表直後の値動きだけでなくFX投資家の中長期的な戦略にも大きく影響してきます。その違いをしっかり見極める週末にしましょう。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • GMOクリック証券

    取引通貨ペアは"全て"原則固定スプレッド。ブラウザを使用しない取引ツールは安定度抜群で紛れがない。『ユーザーに最高のFXを』をコンセプトに構築された最新の取引環境は心地よいととても評判だ。口座開設はネット完結、最短3分。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    10,000通貨 19ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • 外為オンライン

    無料セミナー、完全信託保全とサポート体制万全。
    デイトレからスワップ長期まで完全対応できる、特許出願中のハイブリットチャートなど機能面も充実。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア ~25倍 1銭原則固定
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -
  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は20万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は23通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア ~25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定

2017年最新版 FX総合人気ランキング>> 2017年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する