米バランスシート縮小と利上げ観測で米ドル円急伸!

2017/09/22

先週の木曜日、NY市場では米8月消費者物価指数が予想を上回ったため年内の追加利上げ観測が再び強まり米ドル円は一時111.04円まで上昇。しかし北朝鮮がまたもやミサイル発射の兆候を見せたことで110.50円まで下落してしまいました。

明けて15日の東京でも北朝鮮のミサイル発射による影響で米ドル円は早朝に一時109.55円後退したものの、すぐに反発。午後になると110円前半での値動きとなりました。

その後の欧州市場では英中銀(BOE)による年内利上げ観測の高まりによるポンド円高につられる格好で米ドル円も111.33円まで上昇。しかしNY市場では米8月小売売上高が不調だったことを受けて110円後半に下落しました。

週明け月曜日は日本が祝日なこともあって米ドル円は111円前半での小動き。しかし取引が欧州市場に移ると日本の衆議院解散・総選挙実施に関する報道でドルが買われ111.43円まで上昇しました。

19日はこの日から開催される米FOMC待ちながらもFRBのバランスシート縮小を見込んだドル買いにより米ドル円は111円半ばの値動き。東京時間の午後になると日経平均や米長期金利の上昇に伴ってさらにドルが買われ、一時は111.88円まで上昇しました。

欧州市場でいったん111円前半まで下落した米ドル円はNY市場で再び111円後半まで上昇。明けて東京市場ではFOMCの結果待ちで111円半ばで一進一退が続きました。

取引がNYに移ると米FRBが10月にバランスシート縮小を開始する計画であること、さらにメンバーのほとんどが年内あと1回の利上げ、2018年には3回の利上げを予想していることが明らかになり、米ドル円は一気に112.53円まで急伸。

明けて東京では日経平均が連日の年初来高値更新となったことによる株高継続への期待も相まって、米ドル円は112.60円付近での取引となっています(9/21 9:30現在)。

米FOMCの声明ではバランスシート縮小を10月から開始する方針を発表。今回は利上げを見送ったものの「年内はあと1回」「来年は3回」の予測を示しました。

バランスシート縮小開始時期が決定し、消極的かと思われた年内あと1回の利上げについてイエレン議長が思いのほか前向きな発言をしたことで約2カ月ぶりのドル高水準となりました。さらなるチャンス拡大のキーとしてはイエレン議長がたびたび言及してきた「インフレ率」の動向に注目です。引き続き北朝鮮リスクにも注意しましょう。

チャンスは逃がさない!イチオシFX会社はココ!

  • ヒロセ通商 LION FX

    高スペックで有名なヒロセ通商の「LION FX」。その実力は22万人に選ばれただけあって折紙つき!1,000通貨単位の取引が可能なうえ、豊富な注文方法は24通りもあるんです。激狭スプレッドと高約定力で勝つための準備は万全!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 50ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • FXブロードネット(ライト)

    豊富な取引コース、狭いスプレッド!バランスで選ぶならFXブロードネット!

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1,000通貨 24ペア 最大25倍 0.3銭原則固定
    (例外あり)
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
  • SBI FX トレード

    狭いスプレッドが魅力。為替のプロがデザインしたツールは初心者にも大好評。1通貨単位対応だから数円で取引可能。

    FX基本情報
    取引単位 通貨ペア レバレッジ 米ドル/円
    1通貨 26ペア 最大25倍 0.27銭~1万通貨
    FX注文情報
    指値 逆指値 OCO IFD 期日指定
    -

2018年最新版 FX総合人気ランキング>> 2018年最新版 FX総合人気ランキングはこちら

ページトップへページトップへ