FX専門用語辞典

外国為替証拠金取引(FX)に関連する用語をフリーワード、頭文字別、カテゴリー別に検索ができます。特に初心者の方がスタートする上で、必須な用語をわかりやすく解説します。

ナンピン

【読み方】 ナンピン

ナンピンとは、買いポジションが値下がりした時さらに買いポジションを増やして、買いの平均値段を下げることを指します。同様に売りポジションが値上がりした時に、さらに売りポジションを増やして、売りの平均値段を上げることも指します。ナンピンは難平と書きます。 ナンピンポジションが含み損を抱えたときに、損切りをすることなく追加の売買を行うことで全体として含み損を減らそうとする投資方法です。 思惑通りに為替レートが戻れば、全体としてプラスになりますが、為替レートが変化せずにそのままのトレンドで進んだ場合は、さらに含み損を増やすことになります。 一例として、1ドル=100円のときに1ドルの買ポジションを持ったとします。その後、為替レートが1ドル=90円まで変動した場合、10円のマイナスです。 ここで、さらに1ドルの買いポジションを持つことをナンピンと言います。例のように買い増しのときはナンピン買いと呼びます。 ここで1ドル=90円でナンピン買いをすると、トータル2ドルの平均買い価格は95円になります。もし、この後、為替レートが95円まで戻れば収支はプラスマイナス0になります。もしナンピン買いをしていなかったら、1ドル=100円になるまで収支は0になりません。 このように、ナンピン為替レートが思惑通りに動けばポジションが大きくなった分、利益も大きくなりますが、反面、為替レートが思惑通りに変動しなかった場合はポジションが大きい分、マイナスも大きくなります。

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する