FXの証拠金

FXの証拠金は、FX業者で外貨を取引するときの「担保」として預けるお金のことです。

FXでは、この証拠金という担保を預けることにより、預けた額以上のお金を取引業者からお金を借りて取引をすることが出来るようになっています。
このように証拠金以上の額の取引ができることが、FX(外国為替証拠金取引)の一番の魅力と言えます。
しかし、利益が出る場合だけが投資ではありません。むしろ慣れないうちは損益を出すのが普通です。
その損益を出した場合は、「証拠金」が損益にあてられます。

例えば、10万円の証拠金を預けていたとします。

そこで1ドル=100円の時にレバレッジを10倍きかせて、100万円分の1万ドルの買い注文を出したとします。
しかし、1ドル=99円に下がってしまいました。
そこで99円で1万ドルを売りに出すと、99万円しかあなたの手元に返ってきません。
取引業者に100万借りていたので、1万円不足してしまいました。
そこでFX業者は、その不足分1万円を証拠金の10万円の中から引きます。

そうすると、口座には9万円の証拠金が残ります。
これが証拠金が担保だという理由なのです。

維持証拠金

また、担保としての証拠金には「維持証拠金」という役割もあります。

FXはいくら証拠金以上の額が借りれるからといって、いくらでも貸してくれるわけではありません。
取引業者によって割合は違いますが、取引する外貨の額に応じて必ず口座になくてはならない証拠金の額が決まっています。
この額が、証拠金の中でも「維持証拠金」と呼ばれるものになります。

もしあなたがポジションを持っていて、含み損が出てそのポジションを維持するのに必要な維持証拠金の額を下回ってしまったとすると、FX(外国為替証拠金取引)では、「自動ロスカット」というシステムがあり、自動ロスカットを採用しているFX取引業者では維持証拠金より含み損が少なくなると、自動ロスカットが実行されて取引業者が強制的にあなたのポジションを決済して損を確定します。

つまりこのシステムがあれば、その時取ったポジションを維持する証拠金の額以上に損が膨らむことは無いということになり、自動ロスカットを採用している業者では維持証拠金以上に損を出すことはありえません。
このシステムは、FX業者が取りはぐれないということと、投資家も無い袖を振れないので資金がマイナスになることはないという業者と投資の双方の利点があります。
それでは、維持証拠金と自動ロスカットについて実際の例をあげて説明していきましょう。

10万円を証拠金と預けていて、1万ドルを買ったとします。
1万ドルのポジションを取るのに維持証拠金が2万円必要な業者だとします。
1万ドル持っていますので、1ドルの価値が8円下がると損益は8万円になり証拠金の総額(10万円)から維持証拠金(2万円)を引いた8万円以上の含み損を出すと、取引業者が自動ロスカットを行って強制的に決済します。
もう担保が足りないので、お金は貸せませんということです。
そうするとあなたの証拠金は、損を出した8万円が引かれ、維持証拠金としていた2万円が残ることになります。

もし自動ロスカットを採用していない業者であれば、証拠金以上に損を出す前に決済するような注文を出すといったことでリスクをコントロールします。

また、参加者が多いのも外国為替市場の特徴です。世界中の金融機関、一般企業、機関投資家、個人投資家が参加しますので、2007年、BIS(国際決済銀行)の調べによると、1日の取引高は約3兆2000億ドル。2004年の調査時より71%増加した成長著しい市場です。取引高が多くなることにより、売買注文が約定(売買が成立する)ということにつながります。通貨の交換をする市場ですので、自分がどんなに通貨を買いたくても(もしくは売りたくても)、取引相手が成立しません。たくさんの参加者がいるからこそ、「売るに売れない」なんて機会が圧倒的に少なくなってきます。

外貨預金に自動ロスカットは無い

これに対して、外貨預金はある一定期間預けっぱなしというシステムなので、いくら損益を出してもだれも勝手に決済してくれません。もちろん自分でも決済できない商品がほとんどです。
買った外貨が下がれば下がるほど損は出っぱなしという状態になってしまうのです。

FX(外国為替証拠金取引)はこの「自動ロスカット」というシステムを採用している業者であれば、自分が使っても良い金額だけしか取引業者に証拠金を預けておかないようにすれば、維持証拠金以上に損を出さなくてすむので、リスクコントロールが簡単な投資方法なのです。

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する