マージンコール

マージンコールとは、ユーザーの取引に必要な保証金額がある一定の割合で下回った場合に
電話やメール等でユーザーに通知される機能のことです。

相場がこのまま下がっていくと証拠金の▲%を割り込んでいまうという事を知らせる警告なのです。FX業者によって、マージンコールの基準と処置方法は違います。

中には、マージンコールそのものを採用していないFX業者もあるようです。もしマージンコールが発生した時には、これ以上の損失にならないようにその場で決済してしまうか?

維持率を回復するだけの金額を銀行の良く営業日までに入金するか?という事を選択するのが一般的でしょう。証拠金が大きく割り込んでしまった場合、「強制ロスカット」といってFXでは強制的に決済されてしまい証拠金の追加という選択枠は消えてしまう事もあります。

これは、損失が膨らんだ事で証拠金がマイナスになってしまう為投資者を守る仕組みなのです。つまり、レバレッジの設定と、FXのマージンコール、強制ロスカットの基準は深い関係にあるのです。

例をあげると、あるFX業者はマージンコール制度をリスク管理を助ける為に設けています。それは、30分おきに時価評価をFX投資者の口座に対して行うものです。

FX投資者が預けている資産の半分の額を毎営業日の午後3時時点での評価損の合計金額が上回っていた場合は、資産の担保力が著しく低下している事を判断し、マージンコールという警告メールを送信するようになっているのです。

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する