ナンピン・塩漬け

信託保全とは顧客から預かった資金をFX業者が毎日あるいは信託銀行で期間を決めて
提携したところに預けるというユーザーの大切な資産を守る方法です。

FX初心者の方が新規に口座開設する際に絶対にチェックして頂きたいのは信託保全完備の有無です。
自分の大切な資金がもしも、FX業者が経営破綻に陥って1円たりとも返ってこない事態だけは避けたいものです。

信託保全というのは大切な我々の資産をFX業者が分別管理して信託銀行へ預託する事で、万が一FX業者が経営破綻した際にその信託銀行から原則として我々に返還されるシステムです。FX初心者の方が初めて口座を開設する際は必ず信託保全の有無を確認しましょう。 

信託保全とは 分別管理とは

信託保全とは

信託保全とは顧客から預かった資金をFX業者が毎日、もしくは信託銀行で期間を決めて提携したところに預ける方法です。もしFX業者が破綻、倒産しても、こうする事により、顧客の資金は保障され守られます。信託保全は現在のところFX業者の判断に任されています。

分別管理とは

分別管理というのはFX業者が顧客の保有している資金であるスワップ金、為替差益などと、FX業者自身の事業費を、しっかり分けて管理することをいいます。銀行などと違ってFXでは預けた資本への保障はFX業者にはありません。ですから改正金融先物法によって分別管理はFX業者に義務付けられているのです。信託保全というのは、その分別管理のいくつかある手段の1つとしてあります。

分別管理は義務、信託保全はFX業者に任せられる

分別管理が法律で義務付けられる一方信託保全はFX業者ごとが判断していいことになっています。したがってFX初心者は口座開設の際に確実に分別管理、信託保全をその会社が行っているかどうかを確認しなければなりません。

再度、信託保全を簡単にご説明すると、顧客より預かった証拠金資金と業者の固有財産とを、計画に区分し、もしものときには顧客の資産を安全に保全するという意味です。

信託保全が完備されていると、顧客にとって安心で安全なFX業者ということになります。そのような業者は投資家の人達に高く評価されています。ここでのポイントは分別保管と、信託保全の違いです。

分別管理というのは、顧客の資産とFX業者の固有財産を別々に管理しているだけのことで、もしもFX業者なりカバー先なりが破綻した際は、顧客と一般債権者が全く同じになってしまいリスクを生みます。

大事なのは顧客の預けたお資金をどのように管理しているのか

外国為替証拠金取引の業者選択では、サービスが良いからとか、スワップ金利が高いからとか、手数料が安いとかが選択基準になってしまいがちですが、本当に最も大事なことは顧客の預けたお資金をどのように管理しているのかが重要です。

顧客の資金を管理する方法で、顧客の資金と業者の資産を完璧に分離保管しないと、もしも業者が倒産した場合、顧客にお金が戻ってこないこともあり得ますので深刻なリスクが発生してしまいます。

顧客の資金を業者が信託銀行へ預け、信託銀行がそれを信託財産として、資金管理することこそ大事なのです。こうしておけば、もしも業者が倒産した場合、顧客の信託財産は返還されることになります。さらに、もしも信託銀行が倒産した場合にも、顧客には信託管理人を通じて信託財産を返還することになりますから安心してください。信託法という法律によって顧客を保護しているというわけです。

外貨預金はペイオフ対象外

銀行等に預ける外貨預金や外貨普通預金等は、ペイオフ(預金保険)の対象外なので注意が必要ですが、FX取引における信託保全については信託法に守られている為に安心で安全だと言えるのではないでしょうか。

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する