レバレッジ/証拠金率

少ない元手で大きく稼ぎたい方にとって、FX(外国為替証拠金取引)会社を選ぶ上でのポイント、レバレッジと証拠金率について掘り下げていきます。

高レバレッジ=儲かるではない

レバレッジ(leverage)とは、「レバー(lever)を使う」という意味です。そう、少ない力でも重いものを動かすことのできる梃子の原理です。FX(外国為替証拠金取引)においては、元手となる金額よりも大きな投資額をレバレッジにより得ることができます。元手が20万円とした場合、レバレッジ10倍で200万円、レバレッジ25倍で500万円となります。大きなレバレッジがあれば、それだけ大きな取引を行うことが可能となります。大きな取引を行えば、得られる儲けも大きくなりますが、損失も同じだけ大きくなります。FX会社が提示しているレバレッジは、可能レバレッジですので、「提示されたレバレッジで取引を行うことが可能」ということです。絶対に高レバレッジで取引しなければならないということではありません。レバレッジを正しく理解して、便利に利用しましょう。

可能レバレッジと実効レバレッジ

それでは実効レバレッジはどのように求めればよいのでしょうか。

例)
  20万円の元手で20万円の取引 ⇒ 実効レバレッジ1倍
  20万円の元手で100万円の取引 ⇒ 実効レバレッジ5倍
  20万円の元手で500万円の取引 ⇒ 実効レバレッジ25倍

とても単純です。可能レバレッジを超えて投資することはできませんが、実効のレバレッジは、投資した金額に依存します。儲けそしてリスクをコントロールするのは投資家自身であるといえます。

適切なレバレッジとは

ケース1

可能レバレッジ25倍、証拠金維持率50%の口座を開設しました。20万円を元手にレバレッジを最大限に使った取引をすることにしました。20万円は25倍のレバレッジにより500万円分の投資を可能にします。この500万円をすべて使って、1ドル100円の時に5万ドルを買いました。 この口座の証拠金維持率は50%です。つまり20万円の50%である10万円より証拠金がすくなくなるとロスカットルールが働きます。5万ドルが500万円から10万円を引いた490万円に交換される取引レートは、490万円÷5万ドルで1ドル98円となります。
すなわち、たった2円の値動きで元手の半分を失ってしまいます。

ケース2

ケース1とまったく同じ口座に同じく元手10万円を用意したとします。今回は100万円分の取引(1ドル100円の時に1万ドル買い)をしたとします。レバレッジ25倍ですので、必要とする証拠金は40,000円となり、その50%である20,000円でロスカットルールが適用されます。
10万円が20,000円まで減ってしまうとロスカットですので、相場が80,000円下落するまで取引は維持されます。1万ドルが100万円から80,000を引いた92万円に交換されるレートは、92円。8円の値動きに対応できます。大きな値動きに対応しながら中長期でポジションを保有する場合に有利となります。

ケース1のように高いレバレッジを最大限に活かして投資金額を多くすると大きな値動きに対応することが難しくなります。また、ケース2のように証拠金に余裕を持たせておくと値動きには対応しやすくなります。自身の投資スタンスにあわせてレバレッジを賢く利用しましょう。

ページトップへページトップへ

■ 掲載FX会社一覧

facebookで共有する twitterで共有する